top of page

外来がん治療認定薬剤師試験に合格

ウエノ薬局 富士見店に勤務しております薬剤師 植野祥は、この度おこなわれました日本臨床腫瘍薬学会の外来がん治療認定試験(APACC)に見事合格いたしました。


弊社薬剤師から難関な認定試験外来がん治療認定薬剤師が誕生したことは、これからの山梨県内におけるがん治療により高度な専門知識をもとに、副作用や治療方法など、患者さんが抱える不安や悩みを少しでも解消し、治療面や生活面にしっかり寄り添うことで、患者さんまたその家族のQOL向上を目指してまいります。


これからもウエノ薬局グループは、地域の皆さまの健康で快適な生活と明るい社会づくりに貢献することをポリシーとして、調剤薬局のリーディング・カンパニーであり続けるよう努めてまいります。



○外来がん治療認定薬剤師(APACC)とは?

外来がん治療認定薬剤師(APACC)は、外来によるがん治療を安全に実施するための知識・技能を有する、がん薬物療法のスペシャリストです。

一般社団法人日本臨床腫瘍薬学会が認定する資格で、地域でのがん治療において、患者さんとその家族をトータルサポートできる薬剤師として認定されます。


従来のがん治療は入院治療が多かったものの、抗がん剤や分子標的薬の進歩によって、近年では外来で治療を受ける患者さんが増えています。

入院せずに治療が受けられることは、費用面やQOL(生活の質)の面でメリットがありますが、その一方で、副作用や治療方法に不安を抱く患者へのフォローアップが大きな課題となっています。

外来がん治療認定薬剤師(APACC)は、そのような患者さんの日常に寄り添い、医療機関との連携を強化し、安全ながん薬物治療を提供することを目的に制定された資格です。

※ 2013年6月の設立以来、987人の認定者が全国で活躍しています(2022年5月現在) 日本臨床腫瘍薬学会 外来がん治療認定薬剤師制度(APACC)について

Comments


bottom of page