まだまだ寒い日が続いていますが皆さま体調は大丈夫でしょうか。

 寒い日に我が家でよく食べるのが鍋料理です。鍋料理はいろいろな野菜が食べられ、スーパーではいろいろなスープが売られています。

キムチ鍋、もつ鍋、すき焼き、カレー鍋、牡蠣の土手鍋などさまざまです。

白菜、ねぎ、にんじん、えのき、しめじ、キャベツ、ニラ、豆腐、豚肉、鶏肉など入れる食材も家庭で違うと思います。

私は実家が広島なので牡蠣の土手鍋は毎年食べていました。

牡蠣にはビタミンB12、鉄、亜鉛、グリコーゲン、タウリンなどが含まれています。

亜鉛には味覚を正常に保ち、免疫機能を高め、髪や肌を健康に保つ働きがあるといわれています。

亜鉛が不足すると貧血、味覚障害、皮膚炎、免疫機能低下などが起こることがありますが、逆に過剰摂取すると急性亜鉛中毒になり、胃腸障害、めまい、吐き気などの症状が起こることがあります。

白菜はビタミンC、ビタミンK、カリウムなどが含まれていますが、ほとんどが水分で低カロリーです。

白菜をたくさん食べても低カロリーであるためダイエットにも適しているかもしれません。

ねぎにはカリウム、β-カロテン、ビタミンCなどが含まれています。

他にもいろいろな栄養素を含んでいる食材がたくさんありますが、注意しなければいけないのが熱に弱かったり、水に溶けやすかったりする成分です。水に溶けやすい栄養素を摂取するためはスープまで摂取していただきたいのですが、塩分を摂りすぎてしまうと血圧が上がるリスクがあるので十分注意が必要です。

まだまだ寒い日が続きます。鍋は体が温まるので是非食べてみてください。


S20201225027001A1_000.jpg