10月30日の日曜日、株式会社ウエノの社員研修旅行があり、東京国際フォーラムにある相田みつを美術館に行きました。 私は相田みつをの詩集「生きていてよかった」を持っておりますが、その詩集には入っていない一つの詩が目に留まったので紹介したいと思います。

「長い人生にはなあ どんなに避けようとしても どうしても通らなければ ならぬ道 というものがあるんだな  そんなときはその道を 黙って歩くことなんだな 愚痴や弱音は吐かないでな 黙って歩くんだよ ただ黙って 涙なんか見せちゃダメだぜ そしてなあ その時なんだよ 人間としてのいのちの 根がふかくなるのは」

避けられない道、それは人それぞれ・・。病気だったり、災害だったり、事故だったり、大切な人との別れだったり、大切な物を失ったり・・。ただ黙って歩く・・。難しい・・・。 私の勤務する薬局には、人生の大先輩(80~90歳代)である方々が患者様としてご来局されます。元気になって頂くためにお薬の説明をさせて頂いておりますが、そんな患者様から逆に元気を頂くことがあります。 私も同じくらいの年になった時に、人に元気を与えられる様に人間としてのいのちの根をふかくふかくしておきたいと思いました。

tamemu.JPG