top of page

手相

私は昔から手相に興味があり、実際に見てもらったり本を読んだりしていました。 手相の面白い所は常に変化をしているところで、その変化にはその人の生き方が反映されます。すなわち生き様が手に現れます。また手相占いと言うようにに未来のことも手に現れます。過去と未来が同時に両手に示されていることになります。  手相の歴史は古く、4000年前のインドが発祥と言われています。それが西洋と東洋の両方に伝わり、それぞれで発展を遂げました。東洋手相術は易学と結びついて進化してぃました。

 手相というと手のひらに刻まれた線を観ると思われますが、それだけではなく手の形や膨らみ、指の関節の線手首の線など手全体のありとあらゆるところを観察します。ゆえに奥深く興味がつきません。  私自身プロの方に何回か観てもらいましたが、どの方も過去はピタリと当てられていました。未来に関しては始めに書いた通り手相が変化しているためその時々で変わっていました。こういうところが面白いのです。  いつか本格的に勉強できたらなあと思いつつ仕事をしています。




最新記事

すべて表示

外来がん治療専門薬剤師(BPACC)取得

ウエノ薬局 富士見店に勤務しております薬剤師 植野祥は、この度日本臨床腫瘍薬学会の外来がん治療専門薬剤師(BPACC)を取得いたしました。 外来がん治療認定薬剤師(APACC)の上位資格でもある、外来がん治療専門薬剤師(BPACC)では、APACCでの要件に加え薬局が病院と連携するために必要な実地の業務に関する一定水準以上の知識・経験が求められます。 外来がん治療専門薬剤師(BPACC)は、専門医

Comments


bottom of page