感無量 

新型コロナウイルスの流行により一年延期の苦難を乗り越えて東京オリンピックが開催されました。

この状況下で開催されるためにいろんな議論があり最終的には基本的に無観客での五輪開催となったことが残念ではありましたが、各競技でこの猛暑の中熱い戦いが繰り広げられました。

一番印象に残ったのがソフトボールです。前回実施された2008年の北京五輪以来13年ぶりにオリンピック競技として復活し開催されました。

ソフトボール決勝では日本は強豪のアメリカを2-0で破り見事金メダルに輝きました!

ソフトボールのレジェンド・上野由岐子選手は、決勝のマウンドに立つために13年間いろいろな思いをしてここまできたので、「投げられなくなるまで絶対に投げてやる」という思いで先発マウンドに立ったと話し、地元開催でかなりのプレッシャーもあったが「あきらめなければ夢はかなう」ということを多くの人々に伝えられたと決勝後のインタビューで語っていたのが印象に残っています。

そして、決勝戦の試合終了後に日本とアメリカの両国の監督が抱き合って勝利を祝福しあっていたことが今までにない姿で感動的した。

監督、コーチ、選手が一丸となって勝ち取った歓喜の金メダルで本当に素晴らしい戦い、勝利だったと思います。

ソフトボールが再びオリンピック競技として復活し開催されることを願っています。


2e3c45543d3bd4440843ac60b9b4150d-1024x682.jpg