top of page

健康食

朝晩の寒さが身に染みて感じるようになりましたね。

実りの秋、食欲の秋。食卓も賑やかになり、つい食べ過ぎてしまったのは私だけでしょうか?

あっという間に12月に入り、忘年会にクリスマス、お正月、新年会と会食の機会も増えてきますので、油断しているとあっという間に冬太りになりそうです。


私自身は食べる事が大好きで、食事の量を減らすとストレスになってしまうので、なんとか量を減らさずに冬太り対策ができないかと、知り合いのパーソナルトレーナーさんに相談してみました。すると、「最近の人はタンパク質が不足しがちなので、何を食べたら太るとか痩せるとか考える前に、生きるために必要なタンパク質を食事でしっかり摂りましょう!」と意外なアドバイスを頂きました。


厚生労働省「日本人の食事摂取基準(2020年版)」では、1日に必要なタンパク質の推奨量を設定しています。 1日の推奨量は、18~64歳の男性で65g、65歳以上の男性で60g、成人女性では50g、とあります。


例えば、お肉類の100グラムあたりのタンパク質量の目安は、以下の通りです。


* 鶏むね:17.3g

* 鶏もも:17.0g

* 豚ロース:17.2g

* 豚もも:16.9g

* 豚バラ:12.8g

* 牛もも:16.0g

* 牛肩ロース:13.7g


続いて、魚介類の100グラムあたりのタンパク質量は以下の通りです。


* さけ:18.9g

* ぶり:18.6g

* さば:17.8g

* あじ:16.8g

* さんま:16.3g

* たら:14.2g


朝、昼、晩、3食に上手にお肉やお魚を取り入れて、しっかりタンパク質を摂取してみようと思います。




Comments


bottom of page