お正月

新年明けましておめでとうございます。お正月といえば、昔からお雑煮とおせち料理を食べます。

日本には元日になると神様がやってくるという言い伝えがあり、その神様(年神)へのお供え物としてお餅を飾ります。

そして、そのお餅を家族で分け合って食べる事によって、神様からの加護や恩恵を受けてその年の豊作や繁栄が得られると考えられています。

おせち料理にもさまざまな意味や願いが込められています。

・黒豆:まめ(勤勉)に働き、まめ(健康)に暮らせるように

・数の子:卵が多いので子宝・子孫繁栄を願って

・田作り:農作物が豊作になることを願って

・たたき牛蒡:農作物が豊作になることを願って

・海老:腰が曲がるまで長生きしようという長寿の願いが込めて

・栗きんとん:富を得る縁起物として

・鰤の焼き物:出世を祈願して

・蓮根:たくさんの穴があることから将来の見通しがよくなるように

・昆布巻:「喜ぶ」と「子生婦(こんぶ)」という語呂あわせから、一家の幸せと子孫繁栄を祈って

・伊達巻:巻物に形が似ていることから文化の発展・学問や習い事の成就を願って

・紅白かまぼこ:赤は「めでたさと慶び」や「魔除け」・白は「神聖」や「清浄」を表している

などいろいろな言い伝えがあります。

おせち料理のはじまりは弥生時代といわれています。

お雑煮とおせち料理を食べて今年もよい年にしましょう。

 今年も一年よろしくお願い致します。


240_F_128667729_KsCV6xFvcjZP5GkRQGPJLV5z33Wtn9Py (1).jpg