水中毒症

先頃、テレビを見ていると水中毒症の話題が取り上げられていました。

水中毒症=過剰水分摂取による血液中の塩分濃度の低下で起こる中毒症状。


008846s.jpg

脱水にならないよう、水分(スポーツ飲料)を過剰に摂取したため、血液中の塩分濃度が低下し、疲労感、頭痛、嘔吐、痙攣、呼吸困難などを起こしたようです。

このテレビ番組ではスポーツ飲料では塩分を補えきれないため、塩を一緒に摂るように言っていました。

身近な水による中毒もあることを知っておきたいですね。