味噌作り

この時期、味噌作り講習の開催をよく耳にします。

味噌を仕込むのに最適な時期は、1月下旬から2月にかけて仕込む「寒仕込み」が良いと言われています。

この寒い時期に仕込みを行うと、冬、春、夏と季節が進むにつれて発酵熟成が進み、秋になり気温が下がってきて落ち着いた味噌になるそうです。

我が家も毎年この時期になると、味噌作りを行っております。

そこで簡単に味噌の作り方をご紹介します。

1. 大豆を一昼夜水につけておき、軟らかくなるまで煮ます。

2. 煮汁をきり、豆を熱いうちに豆ひき機でひき、広げてよくさまします。

3. 麹をもみほぐし、さました豆と塩を加えてよく混ぜます。

4. よく混ざったら水を適量入れてこねます。

5. 味噌桶に少しずつ空気が入らないようにつめ込みます。

6. 味噌の表面にクラフト紙をひき、その上にふたをして重石を置き、クラフト紙で覆います。

7. 日の当たらない涼しい場所に味噌桶を置き、味噌が出来上がるのをまちます。

味噌は、生活習慣病のリスクを下げたり、老化を防止したり、美白効果もあると言われています。

皆様も一度味噌作りを試してみてはいかがでしょうか。


240_F_171535740_ybJUKI4HrryHzlwIYZ4hg8LJ0avAbhQP.jpg