top of page

秋のアレルギー

9月になりましたがまだ昼の暑い日が続いています。夜は少し涼しくなってきましたが、皆様風邪などはひいていないでしょうか。

 春はスギや、ヒノキの花粉が飛散するため花粉症の方が多いですが、秋もいろいろな花粉が飛散する時期です。

 秋の花粉症は秋の植物によるもので8月の終わりから10月にかけて目や鼻の症状がでるといわれています。

 秋の花粉症の原因として多いのは、ブタクサ、ヨモギ、カナムグラなど植物の花粉です。

ブタクサとヨモギはキク科、カナムグラはアサ科で、どれもありふれた植物です。住宅地、河原、道端などに生息しています。

 これら植物の花粉は、スギやヒノキのような樹木の花粉と違って遠くまで飛ぶことはあまりなく、飛距離はせいぜい数メートルのようですが、身近なところにあるため、知らずに近づいてしまい花粉を浴びてしまうようです。


 他にも家の中で症状が強くなるような場合は、花粉ではなくハウスダストの可能性もあります。

ハウスダストには、室内のホコリやダニ、ペットの毛、カビなどが含まれます。

夏の暑い時期に繁殖するダニは、秋になると死んでしまい、その死骸は小さく非常に軽いので、人の動きや空気の流れによって舞いあがり、吸い込んでしまうようです。


さらに、秋になると気温が下がり、風邪をひく方も増えてきます。

くしゃみや鼻水が出ると、風邪と思うかもしれませんが、アレルギーの可能性もあります。

風邪とアレルギーでは、治療が異なります。くしゃみや鼻水などの症状から風邪と勝手に判断しないで、薬局の薬剤師に相談するか、病院で診察を受けるようにしましょう。


秋の花粉症に対しても、マスクや花粉症用メガネの着用、花粉の付着しにくい素材の服を着る、帰宅時には玄関前で花粉をはらう、帰宅後の洗顔やうがい、掃除の徹底、空気清浄機の利用などの花粉症対策は有効です。


秋も多くの花粉が飛散しますのでマスクなど着用して、しっかりと対策をして過ごしましょう。





Comments


bottom of page