甲州天空かぼちゃ

先日、『甲州天空かぼちゃ』というのを購入してみました。

 山梨県に住んでいながら全然知らなかったのですが、『甲州天空かぼちゃ』とは、山梨の定番「ぶどう」の棚を利用して、吊るして栽培するかぼちゃです。テレビなどでも随分紹介されていたようです。通常地面で栽培するイメージのあるかぼちゃですが、吊るして栽培するので、実がなっている様はさながら空に浮かんでいるみたいです。

 普通、かぼちゃは茎から根をたくさん出して地面を這いますが、宙に吊るすと根元が一か所になり、収穫できるかぼちゃの数は少なくなってしまいます。でもその分ひとつひとつに甘みがぎゅっと凝縮され、とてもおいしくなり、また、地面と接しないため、形がきれいで色も均一な美しいかぼちゃができあがるそうです。

 「まずは味付けせず、蒸すなど簡単な調理で味わってください」とあったので、電子レンジでチンして食べてみました。本当にホクホクして甘みがありおいしかったです。

 かぼちゃは甘くて炭水化物たっぷり、カロリーが高そうなイメージがありますが、実は白米と比べると半分くらいのカロリーです。そして美容に欠かせないビタミンA、C、Eが非常に多く、葉酸、カリウムなどのミネラル類も豊富、食物繊維もたっぷりで便秘予防にも最適です。そして調理する際、捨ててしまいがちな皮、種、ワタにも実は栄養たっぷりです。中でも種には良質な脂肪酸やミネラルが多く含まれており、昔から「南瓜仁」として漢方薬にも利用されていました。かぼちゃの種をよく洗い乾かしてからフライパンで乾煎りすると殻ごと食べられるそうですよ。

 昨年までは、10月に『甲州天空かぼちゃまつり』というのを開催していたみたいですが、今年はコロナの影響で開催されないかもしれませんね。残念です。

かぼちゃは山梨の郷土料理であるほうとうにも欠かせない食材です。栄養たっぷりな今まさに旬のかぼちゃを丸ごと無駄なくいただいて、コロナに負けず、健康に過ごしていきたいと思います。


image.jpg