幻の青いバラ 

15年ほど前、日本とオーストラリアの会社が合同で、遺伝子組み替え技術を使って初めて青いバラを誕生させました。もともとバラには青い色素がないので、青バラの誕生は、その当時とても大きな話題になりました。

花にはそれぞれ花言葉があります。青バラにも「不可能」という花言葉が付けられていましたが、誕生後は「夢かなう」に変わりました。架空の花に花言葉があったこと、この世に送り出されて花言葉が変わったこと、このことだけに注目しても青いバラに対する人々の特別な想いが伝わってきます。

今、大人気のゲームソフト「あつまれどうぶつの森」

釣りをしたり虫を採ったり、家具をDIYしたり、自由に無人島生活を楽しむゲームですが、この中でも花の育成ができるのです。

私はこのゲームのなかで「青いバラ」の育成に挑戦しました。

赤、白、黄色の三色のバラから、何回も交配を繰り返して、非常に低確率で咲くと言われています。

挑戦開始から2ヶ月、やっと私の島でも青バラが咲きました!

たった2ヶ月ですが私の夢も叶いました!


20201009_135032.jpg