大雨への備え 

先週、梅雨入りとなり、これから台風シーズンを迎えますが、近年、台風や集中豪雨の被害が多くなっています。

全国各地で河川が氾濫して大きな被害が出ているので、今回初めて洪水ハザードマップを確認してみました。

自宅周辺が最大3mも浸水することがわかって驚きましたが、あくまで想定なので、実際にはもっと高く水に浸かるのかもしれません。

災害のとき、考えたくないことを回避する正常性バイアスが働くと言われます。まさか災害は起きないだろう、起きても自分には関係ないだろう、関係したとしても大したことはないだろう、と。

避難が必要かどうか、自分自身で決断するのはとても難しいことですが、大雨の中での移動は危険が伴いますし、防災行政無線が聞こえないことも考えられるので、早め早めの行動が必要になります。 そのためには、行政に頼る「公助」ではなく、自分の命は自らが守る「自助」の気持ちを忘れず、まずは危険な場所から避難することが最優先だと思います。

食料、水、懐中電灯、日用品のほか、今年はマスクや消毒液、体温計も防災グッズに加え、日頃から防災意識を高めて、大雨に備えていきたいと思います。


8106.gif