top of page

夏の「熱い」日差しに!


梅雨が明ける前から暑い夏がやってきました。夏場は肌の露出が多くなるため、紫外線対策が必要です。 日焼け止めにはUV-Aを防ぐ「PA」とUV-Bを防ぐ「SPF」の2つの指標が表記されています。+や数字が大きいほど防ぐ効果が高いものです。しかし、強いものほど肌への刺激も多かったり、白く浮いてしまったりと注意点もあります。 日焼け止めは塗りムラをなくすことと、皮脂で落ちてしまうためこまめな塗り直しが大切です。また、紫外線カット成分による肌荒れやアレルギーも心配されますが、現在では「低刺激性」や「ノンケミカル」の日焼け止めもあります。 自分の肌を知り、合ったものを探してみてくださいね。 乾燥は冬だけではないので、お肌の乾燥には夏もしっかりと保湿を行うことが特に大切です。

Comentários


bottom of page