top of page

地球温暖化対策の一例として。。。


最近各地でゲリラ雷雨が頻繁に起こっています。これらはかつて集中豪雨と呼ばれていたものですが、最近では突然一気に大雨が降るゲリラ的な雨の降り方からゲリラ豪雨、雷を伴うゲリラ雷雨と呼ばれるようになっています。 その原因は積乱雲です。地上の暖かく湿った空気が上空の冷たくて乾いた空気と混ざり合うことで大気が不安定になります。このことで積乱雲が発生しやすくなり、局地的な大雨を降らします。特に夏場は太陽によって地表が異常に暖められているため、上空に冷たい寒気が流れ込むとゲリラ豪雨・雷雨が発生しやすくなります。 ゲリラ雷雨は予測が難しい上に今までの想像を超えるような大雨が頻繁に降ります。その原因は地球温暖化です。都市部などは特に夜になっても気温が下がらず局部的な温暖化になっています。気温が上がると大気中に含まれる水蒸気が増えるため、積乱雲が発達しやすくなり、強い雨の回数が多くなります。 地球を守るために、ごみの分別や環境への配慮、地産地消、省エネ対策など、ひとつでもできることから改善していくことが大切です。お薬のヒートも燃えないごみとして分別していただくようお願いいたします。

bottom of page