top of page

先週の出来事


先週、76歳の男性患者様がアフィニトール錠というお薬の処方せんをお持ちになりました。 このお薬が販売開始になったのは昨年の4月でしたが、恥ずかしながら、実は見たことも聞いたこともないお薬でした。 腎細胞癌の抗悪性腫瘍剤(mTOR阻害剤)で、薬局での扱いは、今回が山梨県では初めてという経験でした。適切な服薬指導ができるよう、早速販売メーカーのMRさんに依頼し急遽、業務終了後に勉強会をしていただきました。 翌日、患者様は腎臓癌を患っており、すでに骨転移していること、副作用の口内炎が痛むけど薬でコントロールできていることなどを話し、「毎週、この薬もらいに来るからね」と。本当にこのお薬を服用していることで希望をもつことができ、病気と闘っていらっしゃることを痛感しました。 でもその患者様なんと!薬局から元気にご自宅へ自転車をこいで帰られました。

少しでも長い間、快適な生活が送れますようにと祈りながらその後ろ姿を見送るしばしの間、非常に高額な薬剤の不良在庫の不安は頭の中からすっかりと消え、自分が薬剤師でちょっぴり医療に貢献できている満足感を覚えた出来事でした。

コメント


bottom of page