保湿剤の重要性について

バリア機能とは

人間の体の表面を覆っている皮膚は、紫外線や乾燥、雑菌、ほこりなどの外部刺激から体を守ってくれます。

 また、皮膚には肌の水分が必要以上に蒸散するのを防ぐ役目もあります。

この大切な役割を担っているのは、表皮の一番外側で外界と接している角質です。

 三大保湿因子

① 肌の一番外側を覆って水分の蒸発を防ぐ「皮脂膜」

② 角質細胞内にあって水分を保持する「天然保湿因子(NMF)」

③ 角質層の細胞と細胞の隙間を埋めて水分の蒸発を防ぐ「角質細胞間脂質(セラミド)」

この3つがバランスよく整っていると、バリア機能が正しく働き、うるおいのある肌を作ることができます。しかし、肌のバリア機能は、外気の乾燥や紫外線、洗顔時などに強く乾燥した肌が痒くて掻いてしまったりするなどの物理的な刺激でダメージを受け、機能が低下してしまいます。

保湿剤の種類

ワセリン・親水軟膏:被膜形成により水分の蒸発を防ぐ。

          即効性、作用時間が長い。

          刺激や感作性がない。

          べたつきがある。

ヘパリン製剤  :角質内水分保持作用。

         低刺激性。

尿素製剤    :角質内水分保持作用、角質融解作用→角質肥厚部位に。

         刺激性あり。

アズレン含有物質:抗菌効果、炎症効果あり。

         湿潤性病変への長期使用でラノリンによる接触性皮膚炎あり。

        (ラノリン;羊毛の根元の固形油(ウールグリース))

バリア機能が低下すると・・・

 角質の水分量が低下すると、肌のバリア機能が低下し、表面は乾燥して鱗屑(りんせつ)や亀裂でざらついたドライスキンになります。

 ドライスキンになると、皮膚表面近くまで痒みを感じる神経線維がのびて、外からの刺激に敏感になり、ちょっとした刺激でも痒みを感じやすくなります。

 このため、皮膚を掻いて炎症が起こり、さらに痒みが悪化するという悪循環になります。

 また、外界から異物やウィルス、細菌などが侵入しやすくなり、湿疹や蕁麻疹や皮膚疾患をきたしやすくなります。

スキンケアの注意点

 スキンケアとは、皮膚を清潔にし、保湿をすることです。

 紫外線対策も重要です。紫外線は、日焼けを起こすだけでなく、皮膚のバリア機能を低下させ、乾燥させます。

 それから、皮膚を刺激しない工夫も大切です。

*汗をかいたり、汚れがついたらすぐ落とす・洗う。

*爪は短く切り、手も清潔にする。

*衣類は吸湿性の良い、肌触りの良いものを選び、飾りは避ける。

*赤ちゃんは、口の周り、よだれや指しゃぶりで悪化することがある。

*入浴し、石鹸で洗う。

*石鹸は洗浄力の強すぎないものを泡立てて、やさしく洗う。

*入浴は、熱すぎる湯は避け、あたたまりすぎないように注意。

*入浴後、肌の水分量はどんどん減少していくので、できるだけ早く保湿剤を塗布する

 まず、肌を清潔に保つことが重要ですが、ゴシゴシ洗ったり、日に何度も洗浄したりすると、かえってバリア機能が損なわれます。

 汚れをしっかりと落としつつ、余計な刺激が加わらないことを意識しましょう。

 また、熱いお湯での入浴や洗顔は避けましょう。

熱いお湯ほど肌の保湿成分を奪ってしまうため、さらに乾燥を招いてしまいます。

*耳の上や後ろも忘れずに。

*背中など、塗りにくい所は、他人に手伝ってもらうとよい。

*皮膚炎が悪化したときには保湿剤だけでなくステロイド剤などで対応すること。

ドライスキンに基づく皮膚過敏性

掻破はバリア機能をさらに破壊し、炎症の惹起や肥満細胞活性化等、病変を修飾・憎悪させ、悪循環を引き起こします。

バリア機能の主な原因として

1、 角質細胞間脂質であるセラミドの低下や、フィラグリン遺伝子異常による天然     素質因子の減少に伴う角質バリア機能障害

2、 タイトジャンクションタンパク質の減少によるバリア機能障害

などが挙げられます。

皮膚バリア機能の低下により

 →刺激に過敏に反応→保湿剤で保護・修復となります。


あ.jpg

保湿剤を効果的に塗るためのポイント

1:手を洗ってから、保湿剤を手に取る

  まず、手を清潔にしてから保湿剤を手に取る。薬剤を取る量の目安は、人差し指の指先から第一関節程度でよい。この量で、手のひら2枚分の面積に保湿剤を塗ることができます。

2:取った保湿剤を数か所に置く

  第一関節の塗り薬を手に取ったら、それを保湿したい部分の数か所に点在させる。

  等間隔に保湿剤を点在させるとよい。

3:手のひらで丁寧に塗る

  手のひらを使って塗ることにより、ムラなく丁寧に塗ることができる。

  この時に、体のしわに沿って塗ることによって、保湿剤がより皮膚に馴染みやすくなるので、保湿効果が高まる。

4:入浴後、5分以内に塗る

  保湿剤は、水分を体から逃がさないために塗る。そのため、水分を皮膚が十分に吸収している入浴後に塗るのが最も効果的。

  塗る時間は、入浴後に早ければ早い方がよい。


い.jpg