top of page

チョコレート

2月になり暖かい日もあり寒い日もありますが、皆様風邪などひいていないでしょうか。

 2月はイベントがたくさんあり、先週は節分でした。来週はバレンタインデーが待っています。

 バレンタインデーと言えばチョコレートなので今回はチョコレートについて調べました。

 チョコレートにはカカオポリフェノール、カカオプロテイン、食物繊維、鉄分などが含まれているようです。

 カカオポリフェノールには血圧低下、動脈硬化予防、老化防止が期待できるようです。カカオポリフェノールは抗酸化作用があるため活性酸素の働きを抑制し老化を防止し、さらに悪玉コレステロールの酸化を抑え、動脈硬化を予防してくれるようです。また、血管を広げる働きもあり血圧を低下してくれるようです。

 

カカオにはリグニンという食物繊維が含まれていて、大腸の働きをよくしお通じを促すと言われているようです。さらにカカオプロテインが含まれており、カカオプロテインの一部は消化されにくいタンパク質で、小腸では消化吸収されず大腸までとどき、便のもととなり、便の量を増やすことができるようです。

 

チョコレートで注意しないといけないのは砂糖なども多く使用されているものがあります。

そのため、チョコレートは美味しいですが食べすぎには十分注意しましょう。




コメント


bottom of page