top of page

スポーツの日について

最近、寒くなってきました。つい2週間前の30度超えの気温がうそのようです。

皆様、お元気にお過ごしでしょうか。寒暖差の大きい時期は風邪を引きやすいので上着を持参するなどこまめな体温調節を心がけて下さい。

私の地方はぶどうの収穫がひと段落ついて、皆のんびりと過ごし始めています。

私も休日は家の中にいる機会が増えちょっとスポーツでもして体を動かしてみようかと思い始めています。


 さて、来週の月曜日の10月9日はスポーツの日ですね。

この日がスポーツの日なのは涼しくてスポーツに適しているのかなと思っていたのですが、どうやら1964年の10月10日に、東京でオリンピックが開催されたことを記念して「国民がスポーツに親しみ、健康な心身を培う日」として「体育の日」という国民の祝日が制定され2020年に名称をスポーツの日に改めたようです。

オリンピックは2月と8月に開催されるので10月というのはちょっと不思議な感じがしますね。


 涼しい季節にスポーツをするメリットは熱中症などの心配が少なくなることに限ります。

こういう時期はランニングをはじめとした持久力・心肺機能の向上などの運動が適しているようです。また、秋というのは、ウインタースポーツの体つくりのために重要な時期でして特にスキーやスノーボードの選手は下半身を鍛えるために筋肉トレーニングを行うようです。

持久系のスポーツは運動強度を上げるよりかは一定のペースで無理なく続けることの方か重要の様です。また涼しくなっても運動をしていると結局汗はかくので脱水症状には気を付けてくださいね!

また、冷たい空気を口から吸いこむと気管を急激に収縮させてしまうので鼻呼吸をするようにしてくださいね。



コメント


bottom of page