top of page

コタツdeミカン


冬の季節、コタツで温まりながら食べるミカンが私は大好きです。毎年10kgの箱を一人で食べてしまい、肌が黄色くなります。これはオレンジ色素が脂肪につくため、一時的に皮膚が着色するものです。 この他にもミカンには様々な栄養素が入っております。クエン酸により血流改善や疲労回復、食物繊維による整腸作用、白い筋に含まれるヘスペリジンがコレステロールを抑えるなどがあります。 面白いことに、ビタミンCが多く含まれるため「風邪の予防」には良いのですが、中医学において、ミカンは体を冷やす食べ物として分類されるため「風邪をひいた際には食べてはならない」とされてるそうです。 ただし、柑橘果物であるためカリウムが多く含まれることや、果糖(フルクトース)が多く含まれているため、健康管理をされる場合摂取量に注意が必要です。 どんなものでも限度が大切ということですね。

Comentarios


bottom of page