グレープフルーツと薬

「グレープフルーツと薬は何か関係があるのですか?」 はじめて来局されてアンケートを記入いただく患者様からこのような質問を受ける時があります。

グレープフルーツと薬を合わせて飲むと薬の作用を増強させてしまうことがあります。 降圧剤であるカルシウム拮抗剤や催眠剤や免疫抑制剤の一部などで相互作用を起こすと言われています。

グレープフルーツ果汁に含まれる物質によって薬物代謝酵素であるチトクロームP450の一種(CYP3A4)の活性が阻害されるためと考えられています。 また、相互作用は同時服用の場合だけと限らず、少なくとも薬剤服用の10時間前から2時間後の間でもグレープフルーツによる影響が持続するらしいです。


Grapefruit_700x490.jpg