カレーの効果

私はインドカレーが好きで時々本場のインドの方の営んでいるカレー屋さんへ行きます。

最近暑くなってきて、カレーを食べたい!と思うことも多くなってきたのでカレーの効果について調べてみました。

インドやタイなど暑い国では、スパイスたっぷりの辛い料理が好まれます。これは、辛いものを食べて体を中から温め、汗をかくことで体内にたまった熱を逃しています。またスパイスには、胃液の分泌を促し食欲を増進させる効果があります。カレーに含まれる主なスパイスの効果としては・・・

・ターメリック(ウコン):鎮痛、健胃、肝臓機能の強化、抗酸化作用など。カレーの黄色い色のもとです。

・唐辛子:発汗、消化促進、抗酸化作用など。カレーの辛さを決めます。

・コショウ:健胃、殺菌、発汗、消化促進など。カレーの辛さを決めます。

・コリアンダー:健胃、整腸、鎮痛、消化促進など。カレーの香りを出します。

・クミン:消化促進、下痢、腹痛、胃痛などに効果。カレー独特の強い香りをつくる。

 これらのスパイスに共通するのが発汗、消化促進、抗酸化作用など。組み合わせることにより効果が高まり、胃腸の働きをよくし、食欲を増進させて疲労回復の効果が期待できます。殺菌作用もあり食べ物の腐敗を防ぐなどの効果もあります。

日々の食事にカレーを取り入れて暑い夏を乗り切りましょう!!


Fotolia_20474929_XS.jpg