アドヒアランス向上のために

薬の効果は、患者様の薬の飲み方で変わってきます。 医師や薬剤師から服薬の必要性をいくら説明されても、副作用の心配が先に立って、薬を飲めない人がいます。 中には自分で勝手に減らして飲んだり、途中でやめてしまう人もいます。 これでは薬が効かないのは当然ですが、こわごわ飲んでいる場合も効果が期待できません。

私たち薬剤師は、お薬をお渡しするときに、万が一、副作用が発生したときの対処法も説明していますが、「早く良くなって。早く治って。」という気持ちを込めています。 その思いが、患者様のお薬の効果に加われば嬉しいです。 不安なく、安心して服用できる最高のお手伝いを目指します。

CA030T6Q.jpg