とうもろこし

山梨は果物だけでなくとうもろこしの栽培も盛んです。

それは山梨の気候がとうもろこし栽培に適しているからだそうです。

ミルフィーユ、ゴールドラッシュ、きみひめ、甘々娘

これは私が今年食べたとうもろこしの品種です。

他にもピクニックコーン、ドルチェ・ドリーム、プレミアム味来など様々な種類があり、どれも糖度が高いそうです。

とうもろこしは鮮度が大事です。収穫した瞬間から糖度が落ちていくと言われています。

購入したらすぐに茹でるか蒸していただきたいのですが、私は電子レンジでの加熱がおススメです。ネットで検索すると皮をむいてラップに包んでとか薄皮を残してなど出てきますが、皮も剥かずにそのまま電子レンジでチンできる方法があったのでそれを試してみたら、本当にとても手軽でズボラな私にはピッタリでした。

方法は、とうもろこしを皮のまま電子レンジで500W5分加熱します。加熱したら付け根から2センチくらいのところを包丁で切り落とし、皮の先端を持って軽く振ると、つるんと皮が抜けてヒゲもきれいに取れます。また電子レンジで加熱した方が水っぽくならず甘みが増します。加熱時間は電子レンジによって違うので調節してください。詳しくはネットで検索してみてくださいね。

美味しいとうもろこしの選び方ですが、ポイントはヒゲです。ヒゲの数は実の数と同じなので、ヒゲが多いほうが実が詰まっています。そして先が黒いものの方が熟しているそうです。

美味しいとうもろこしですが、やはりやや糖質が多いので食べすぎると余った糖が中性脂肪として蓄えられてしまいます。ダイエット中なので食べすぎないように注意していきたいと思います。