すいかの栄養

暑い日が続きますがみなさんいかがお過ごしでしょうか。

夏の果物と言えば、すいかを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。

甘くてみずみずしくて、冷たく冷やすととても美味しいですね。

すいかは90%以上が水分でできているため、一見栄養価が低そうなイメージを持ちますが、実はからだにうれしい成分がいくつも含まれていることをご存じでしょうか。いくつか挙げてみると、

・ビタミンC、ビタミンE、β-カロテン・・・抗酸化作用があり老化や病気の原因となる活性酸素を抑制、動脈硬化の予防効果。

・カリウム・・・尿を出しやすくすることにより浮腫みや二日酔いの解消、デトックス効果、高血圧予防効果。

・シトルリン・・・アミノ酸の一種で末梢の血管を拡張して血流を改善し、冷え症の改善効果。

・食物繊維・・・便秘の解消。

・リコピン・・・赤い色のすいかには、赤い色素であるリコピンが含まれています。リコピンはβ-カロテンと同様に抗酸化作用があり、その作用はリコピンのほうが強いと言われています。

このように、注目すべき成分がいくつも含まれています。驚きですね。

まだまだ暑い日が続きますが、美味しいすいかを上手に利用して、夏を乗り切りましょう!!


240_F_281160105_HvSqaBtGIvve6umtpIh8g0VymYdfrnWy.jpg