いちご狩り

インフルエンザが猛威を振るっています。

子供の小学校や保育園から人混みや不要、不急の外出は避けるようにとお手紙が来ているので公園やショッピングモールには行けず、友達の間でもインフルエンザが流行っているのでお友達と一緒に遊ぶことも出来ず、毎週末元気な子供達と何して過ごすか悩みます。

DVDを借りてお菓子を買ってDVD鑑賞をしたり、子供部屋の模様替えをしたり、一緒にお菓子を作ったり…。しかし、子供たちは家で過ごすことにだんだん飽きてきて、次は何するの?明日は何するの?と何度も聞いてきます。そこで子供達の「外に出たい!!何かしたい!」のリクエストに答えてイチゴ狩りに行ってきました。

午前中は団体のお客さんが多いとの事だったので午後に予約をしたところ、私たち以外には一組しかお客さんはいませんでした。

今回おじゃましたイチゴ園は1列に何種類ものイチゴが植えられていて、指定された列のいちごを食べ放題というシステムでした。

章姫、紅ほっぺ、とちおとめ、アスカルビー、ホワイトレディー、かおり野等たくさんの種類が植えられていて食べ比べが出来るので、イチゴの味の違いが分かり私も子供たちも大満足でした!

お客さんが少なかったのでイチゴ園の方がイチゴについて色々と教えてくださいました。

イチゴは多年草であるためメロンやスイカ等と同じで果実的野菜に分類されるそうです。またイチゴの外側についているツブツブは種ではなくイチゴの果実で、果実だと思われている赤い部分はツブツブを守るためのクッションで偽果と区分されるそうです。スーパーでも色々な種類のイチゴが売られていますが、登録されているイチゴの種類は300種類近くあり、そのほとんどが日本で開発されたそうです。

イチゴにはビタミンCが多く含まれ、食品の中でビタミンCの含有量はトップクラスに入るほどです。5~6粒程度のいちごを毎日食べるだけで1日のビタミンCの摂取量は十分にクリアできます。

ビタミンCには免疫機能をサポートし、風邪や感染症の予防に効果があります。

まだまだ、インフルエンザなどの感染症が流行る時期が続きます。

うがい手荒い、マスクの着用と共に今が旬のイチゴでビタミンCを摂取してください。


240_F_135993724_qXNxMcGZxvug3m2FnQFxTvhqevaD2fNi.jpg