『ダイエットに欠食はあり?なし?』

わたしは今ダイエット中です。ダイエットというと、食べなければ痩せると思っていたのですが、実際に食事についていろいろ調べてみると、欠食は太る原因になるということがわかりました。

 その理由の一つは、栄養の偏りによる代謝の低下だそうです。例えば、朝食抜きを繰り返したり、野菜しか食べないという生活を続けていると、逆に太る原因になるということです。体は栄養不足=飢餓状態と判断してしまい、非常時に備えて肝臓に脂肪を蓄えようとします。さらに、卵やチーズ、牛乳などのタンパク質の摂取が不足すると、肝臓が自ら作り出した中性脂肪を保持。肝臓の中には脂肪がいっぱいになり、脂肪肝へ一直線。そうすると、肝機能が低下、連動して代謝が下がり、脂肪がどんどん蓄積されてしまいます。

 さらに、体が非常事態と感じるのは栄養不足だけではなく、睡眠不足もそのひとつだそうです。睡眠不足の状態では、満腹を感じるホルモン「グレリン」の分泌が増加。満腹を感じにくい上に食欲が増すため、自然に食べ過ぎて太ってしまいます。

 以上のことをふまえて、わたしは1日3食バランスを考えた食事をとり、しっかり睡眠時間をとることにしました。旦那さんも同じ食事をとっているのですが、少しずつではありますが、前に比べて体重が落ちてきています。

みなさんも痩せたいと思ったときには、無理なダイエットはせず、しっかりとした食事と睡眠から太りにくい体づくりを目指しましょう。


dai.png