アイスの注意点

2021年7月 6日 | コメント(0)

皆様、アイスは好きですか?暑くなり、アイスがおいしい季節になってきましたね。ただ、健康のことを考えるとアイスの食べすぎには注意が必要です。今回は、アイスについて調べてみました。
アイスには色々な種類がありますが、正確には乳成分量によって「アイスクリーム」、「アイスミルク」、「ラクトアイス」、「氷菓」の4種類に分けられています。パッケージをよく見ると、「種類別」のところにいずれかが記載されています。
「アイスクリーム」は、乳固形分15.0%以上うち乳脂肪分8.0%以上のもので、4種類の中で最も乳固形分と乳脂肪分が多く含まれています。そのため、濃厚なミルクの味わいが楽しめます。「アイスミルク」は乳固形分10.0%以上 うち乳脂肪分3.0%以上、「ラクトアイス」は乳固形分3.0%以上のものが分類されます。アイスクリームと比べると口当たりはあっさりしていますが、コクを出すために植物油脂を添加しているものでは、高エネルギーになっています。「氷菓」は前述の3種類に該当しないものです。脂肪分は非常に少ないですが、糖分は他のアイスと同様に含んでいます。
 以上より、脂質はミルク系のアイスではなく、シャーベットのような氷菓を選ぶことで抑えられますが、糖質はいずれも多く含まれているので、やはり食べる量は減らす必要がありそうです。
アイスの食べる量を減らす工夫としては、①お皿に移して自分で食べる量を調節できるカップタイプのものを購入する、②食べる前にコップ1杯の水を飲む、③フルーツやヨーグルトを凍らせたものを食べる、などがあります。自分に合った方法を見つけて、暑い夏を乗り切りましょう。

75626.jpg

コメントする

(スタイル用のHTMLタグを使えます)

Categories
Instagram @ueno.pharmasy

Tags
Monthly Archive
QR Code for Mobile and for iPhone
携帯サイト用QRコード   iPhone用ページ