ウエノ薬局に入社して

私は大学生時代の薬局実習がきっかけで、ウエノ薬局の方々のスキルの高さ、患者様への接遇の姿勢に惹かれ入社いたしました。
医師と薬剤師がそれぞれの専門性を十分に発揮して医薬品の適正使用を行うための医薬分業が、日々進化していく医薬品の製剤技術に伴う医薬品の多様化や高齢化社会などの要因からその重要性がより一層高まっている今、薬剤師のスキルの高さ、コミュニケーション能力が問われています。また、薬剤師の仕事は調剤、服薬指導はもとより、サプリメントや大衆薬についての情報提供、生活スタイルへのアドバイスなど多岐にわたり、活動の場が広がっていると聞きます。そのような中、特に保険薬剤師として実際に薬局の窓口で患者様への投薬をする際、私は患者様とのコミュニケーションがいかに大事か改めて気づきました。大学でコミュニケーション・スキルの講義もありましたが、やはり現場では患者様それぞれ状況は違うので、まだまだ先輩薬剤師の方々から教えられながら、見よう見真似でコミュニケーションをとろうとしているのが私の現状です。確かに、薬剤師として新薬は日々開発されるため、生涯勉強していかなければなりませんが、私は薬の知識・技術を習得するだけでなく、医薬分業が進み、患者様からの情報をもとに服薬指導することが保険薬局に求められるようになった今、機械的に質問するのではなく、患者様の状況や気持ちを理解し、会話・気配りができる薬剤師をめざしていきたいと思っています。
日本の薬剤師の社会的地位は欧米などに比べ、まだまだ低く、発展途上と聞きますが、患者様に薬剤師として持っている知識や能力を提供し、患者様を通して社会に貢献することが、薬剤師の社会的地位向上につながると信じています。

 

Categories

Tags
Monthly Archive
QR Code for Mobile and for iPhone
携帯サイト用QRコード   iPhone用ページ