薬剤師の任務

薬剤部長株式会社ウエノのホームページにアクセスしてくださいましてありがとうございます。
薬剤部長の村松研一と申します。
薬剤師の任務は、薬剤師法という法律で「薬剤師は、調剤、医薬品の供給その他薬事衛生をつかさどることによって、公衆衛生の向上及び増進に寄与し、もって国民の健康な生活を確保するものとする」と規定されており、私たちは調剤業務に携わる薬剤師として、その専門性を活かしながら、患者さまに安心かつ安全にお薬を服用していただけるよう日々努めております。
お薬には、どのように作用するのか、どのように服用するのか、どんな副作用が報告されているのか、他のお薬との飲み合わせはどうかといった適正かつ安全な服用方法などに関する様々な情報が必要不可欠です。
病気の治療や予防、健康の維持のために処方されたお薬が、使い方によっては効果がなかったり、危険なことさえあります。
私たちは医師の処方せんどおりにお薬を正確かつ迅速に調剤することはもちろんのこと、お薬の有効性、安全性を確保して適正な使用を推進するために、処方されたお薬に関する副作用や併用している薬との相互作用などについて、患者さまの体質やアレルギー歴、これまでの服薬状況等を記録・確認し、疑問点があれば処方医に照会したうえで調剤することが業務となっております。
また、日常生活における健康上のアドバイスなど、患者さまの疑問や不安にお答えすることは、調剤と同じく薬剤師の大きな仕事です。患者さまによっては、飲みづらいお薬があったり、使用方法がわかりにくいなど要望をお持ちの方もいらっしゃいます。
社会の多様化、医療の高度化が進む今、患者さまひとりひとりの立場にたってきめ細かな対応をしていくことは、専門知識をもった薬剤師の大事な役割です。こうした業務を遂行するにあたって、薬に関する最新情報の収集と整理も重要な業務となっています。そのため、薬剤師会研修会、社内勉強会などで知識、技能の向上を目指し、医療の一端を担うスペシャリストとして患者さまによりよい医療環境を提供できるよう励んでいきたいと考えておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

株式会社ウエノ 薬剤部長 村松 研一
 (東京理科大学 薬学部卒・日本薬剤師研修センター研修認定薬剤師)
Categories

Tags
Monthly Archive
QR Code for Mobile and for iPhone
携帯サイト用QRコード   iPhone用ページ