「ありがとう」に応えるために

  ウエノ薬局に入社する以前、私は東京・千葉を中心に店舗を構えるドラッグストアに勤務していました。私が勤務していた店舗は駅の前にありお客様の出入りが激しく、勤務中に会話を交わす機会もあまりなく、「ありがとう」という言葉を耳にする機会の少ない環境でした。
 しかし今は、お薬に関する疑問や悩みに答えることで多くの患者様に「ありがとう」という言葉を掛けて頂く機会があり、その度に大変嬉しく思い、これこそ薬剤師冥利に尽きる、と感じています。
患者様の希望に応えるべく、我々は常に自らを向上させなければなりません。薬剤師として薬の知識はもちろんのことですが、礼節、言葉使いなども重要な要素であると考えています。

 ウエノ薬局グループでは、各店舗単位での勉強会はもちろんのこと、従業員全体を対象とした勉強会も定期的に実施しており、薬剤師会や製薬メーカー主催の講演会や研修会については、情報を従業員同士で共有し合い、積極的に参加することで薬剤師としての技能を向上させる機会が多くあります。また、礼節等の接遇に関しては社外講師によるセミナー等でマナーや患者様対応の方法を習得し、薬剤師として、人として職能を向上させることができる環境があります。
このような環境の下で自分を磨きながら、「ありがとう」という言葉にふさわしい薬剤師になっていきたいと思っています。
今嬉しく感じている「ありがとう」という言葉に、この気持ちを忘れることなく、常に感謝の気持ちを抱き薬剤師として驕らず、一人でも多くの患者様の役に立つ薬剤師でありたいと考えています。

 私自身、薬剤師として、また人として未熟な面がまだまだあると思いますが、今後も研修会、勉強会や自身での勉強を通して成長し、患者様のために僅かでもお役に立てるような薬剤師を目標として努力を惜しまず業務にあたります。                                      

Categories

Tags
Monthly Archive
QR Code for Mobile and for iPhone
携帯サイト用QRコード   iPhone用ページ