~ウエノ薬局で働く上で目指すものは~

 私がウエノ薬局グループに入社してまず驚いたことは、全店舗にAED(自動体外除細動器)が設置してあることです。私の所属している薬局にも、不整脈治療剤などを服用している患者様は多数来局されます。もちろん薬局薬剤師の仕事は薬剤の適正使用に努めることですが、きちんと薬剤を服用していても心血管イベントが起こらないとは限りません。もしも心臓発作を起こしてしまったとき、救急車が現場に到着するまでには数分かかってしまい、その間に患者様の助かる確率はどんどん低下してしまいます。こうした不慮の事態への備えもきちんと行っていることに驚きました。
 また、当社各薬局では1ヶ月に最低1回は勉強会を行い、新薬の情報や最新の臨床試験データなどの情報収集を欠かさないようにしています。医療は日々進歩しており、新しい治療方法、ガイドラインが改訂され続けていますが、様々な情報の中から正しい情報を的確に判断するために、常にアンテナを高くしておかなければなりません。私共勤務しています薬剤師は勉強会で得た情報を現場で活かせるよう常に意識して業務にあたらなければなりません。私も研修認定薬剤師を目指し、日々自己研鑽に励んでおります。
 ウエノ薬局グループの最も大きな特徴としては社長が女性であり、薬剤師であることから度々現場に立ち私たちを優しく、時には厳しく指導して下さいます。最初に学んだことは「患者様」=「お客様」として接することでした。ウエノ薬局グループでは患者様を第一に考え、どのようにすれば患者様が薬局を快適に利用していただけるかなど日々検討しています。患者様に対する受け答え、所作の指導、電話の対応など、薬剤に関する事以外も気をつけ、アンケート投票箱を設置し、ウエノ薬局グループカスタマーサービス担当者と定期的にアンケート内容を確認し、サービスの向上に努めております。
 薬剤師の先輩方も勉強熱心で、製薬メーカー主催の勉強会などで度々お会いします。職場でも、仕事のことからプライベートなことまで親身になって相談でき、大変居心地のよい環境で働かせていただいております。これもひとえに忘年会、納涼会、社員旅行などが開催され、社長・副社長をはじめ従業員同士が親睦を深め、コミュニケーションが密にとれるような環境があるからだと思います。
 ウエノ薬局グループは内科をはじめ、外科、眼科、皮膚科など様々な医院の処方せんを応需する薬局として店舗展開をしていることから、多種・多様な病態・薬剤に適切に対応できる幅広い知識を持った薬剤師を目指して日々努力をしながら、薬剤師として成長していきたいと思います。

                                                     

Categories

Tags
Monthly Archive
QR Code for Mobile and for iPhone
携帯サイト用QRコード   iPhone用ページ