私が当社に入社したのは1年前です。入社を決めた理由は最新の調剤機器や電子薬歴システムなどハード面で働きやすい環境が整っていることと、「患者様はお客様」という当社の基本理念に共感したからです。実際に働くと社長をはじめとするスタッフの皆さんが仲良く、前向きな姿勢で業務に当たり会社全体がまとまっているという印象を受けました。
 私は県外の出身で見ず知らずの山梨に来て、新卒で入社しました。入社した当初は周囲の環境や業務に慣れずにだいぶ苦戦を致しました。プライベートでも不幸なことがあり大変落ち込んだこともありました。その時に社長自ら私を食事に誘って下さり、元気づけてくださいました。その時の社長の激励をはじめ、先輩薬剤師の方々の懇切丁寧なご指導や事務員さんらスタッフの協力のおかげで、今では薬剤師としてわずかながら成長できたと思います。
 日々、当社の社長が「処方箋の中身をよく読みなさい」と仰っております。これは単に処方箋に書かれている薬の名前を読むということではなく、"患者様の情報、環境、体質からこの薬が処方されるに至った理由を考えなさい"ということです。このことができると、患者様への服薬指導がその患者様のためだけの世界に一つしかないものになるのだそうです。
 今では山梨の環境にも慣れて、プライベートでも知人、友人もたくさんできてその方々の御蔭もあり公私共に充実した生活を送っています。今後も当社で先輩方のご指導を受けながら経験を積んでスキルアップに努め、世界に一つしかない服薬指導ができる薬剤師を目指して地域医療に貢献していきたいと思います。

                                                                                                       

 私がウエノ薬局グループに入社してまず驚いたことは、全店舗にAED(自動体外除細動器)が設置してあることです。私の所属している薬局にも、不整脈治療剤などを服用している患者様は多数来局されます。もちろん薬局薬剤師の仕事は薬剤の適正使用に努めることですが、きちんと薬剤を服用していても心血管イベントが起こらないとは限りません。もしも心臓発作を起こしてしまったとき、救急車が現場に到着するまでには数分かかってしまい、その間に患者様の助かる確率はどんどん低下してしまいます。こうした不慮の事態への備えもきちんと行っていることに驚きました。
 また、当社各薬局では1ヶ月に最低1回は勉強会を行い、新薬の情報や最新の臨床試験データなどの情報収集を欠かさないようにしています。医療は日々進歩しており、新しい治療方法、ガイドラインが改訂され続けていますが、様々な情報の中から正しい情報を的確に判断するために、常にアンテナを高くしておかなければなりません。私共勤務しています薬剤師は勉強会で得た情報を現場で活かせるよう常に意識して業務にあたらなければなりません。私も研修認定薬剤師を目指し、日々自己研鑽に励んでおります。
 ウエノ薬局グループの最も大きな特徴としては社長が女性であり、薬剤師であることから度々現場に立ち私たちを優しく、時には厳しく指導して下さいます。最初に学んだことは「患者様」=「お客様」として接することでした。ウエノ薬局グループでは患者様を第一に考え、どのようにすれば患者様が薬局を快適に利用していただけるかなど日々検討しています。患者様に対する受け答え、所作の指導、電話の対応など、薬剤に関する事以外も気をつけ、アンケート投票箱を設置し、ウエノ薬局グループカスタマーサービス担当者と定期的にアンケート内容を確認し、サービスの向上に努めております。
 薬剤師の先輩方も勉強熱心で、製薬メーカー主催の勉強会などで度々お会いします。職場でも、仕事のことからプライベートなことまで親身になって相談でき、大変居心地のよい環境で働かせていただいております。これもひとえに忘年会、納涼会、社員旅行などが開催され、社長・副社長をはじめ従業員同士が親睦を深め、コミュニケーションが密にとれるような環境があるからだと思います。
 ウエノ薬局グループは内科をはじめ、外科、眼科、皮膚科など様々な医院の処方せんを応需する薬局として店舗展開をしていることから、多種・多様な病態・薬剤に適切に対応できる幅広い知識を持った薬剤師を目指して日々努力をしながら、薬剤師として成長していきたいと思います。

                                                     

  ウエノ薬局に入社する以前、私は東京・千葉を中心に店舗を構えるドラッグストアに勤務していました。私が勤務していた店舗は駅の前にありお客様の出入りが激しく、勤務中に会話を交わす機会もあまりなく、「ありがとう」という言葉を耳にする機会の少ない環境でした。
 しかし今は、お薬に関する疑問や悩みに答えることで多くの患者様に「ありがとう」という言葉を掛けて頂く機会があり、その度に大変嬉しく思い、これこそ薬剤師冥利に尽きる、と感じています。
患者様の希望に応えるべく、我々は常に自らを向上させなければなりません。薬剤師として薬の知識はもちろんのことですが、礼節、言葉使いなども重要な要素であると考えています。

 ウエノ薬局グループでは、各店舗単位での勉強会はもちろんのこと、従業員全体を対象とした勉強会も定期的に実施しており、薬剤師会や製薬メーカー主催の講演会や研修会については、情報を従業員同士で共有し合い、積極的に参加することで薬剤師としての技能を向上させる機会が多くあります。また、礼節等の接遇に関しては社外講師によるセミナー等でマナーや患者様対応の方法を習得し、薬剤師として、人として職能を向上させることができる環境があります。
このような環境の下で自分を磨きながら、「ありがとう」という言葉にふさわしい薬剤師になっていきたいと思っています。
今嬉しく感じている「ありがとう」という言葉に、この気持ちを忘れることなく、常に感謝の気持ちを抱き薬剤師として驕らず、一人でも多くの患者様の役に立つ薬剤師でありたいと考えています。

 私自身、薬剤師として、また人として未熟な面がまだまだあると思いますが、今後も研修会、勉強会や自身での勉強を通して成長し、患者様のために僅かでもお役に立てるような薬剤師を目標として努力を惜しまず業務にあたります。                                      

ウエノ薬局グループに入社して私が感じている事は、スタッフ全員が常に患者様を第一に考え、行動している薬局であるということです。今では、患者様が自由に薬局を選ぶことが出来る中、他の薬局との差別化を図るために様々な工夫が必要とされています。
ウエノ薬局グループでは、より迅速かつ正確に薬を提供できるよう、薬局内でのコミュニケーションを大切にしています。また、患者様にアンケートに協力して頂き、それをもとに改善案を全員で考え、実行することを心がけています。挨拶の仕方や言葉遣いまですべてが、来局して下さった患者様に気持ちよく帰宅して頂けるように徹底されています。
実際に患者様からは、「ここのスタッフは感じがよくていいわ。この前家の近くの薬局に行ったら無愛想ですごく気分が悪かった」、「笑顔で接してもらえるとすごくうれしい」などの声を聞くことが多々あり、本当に嬉しく思います。
薬剤師の教育面においても、各薬局で月に1回勉強会を行っていまして、認定薬剤師取得のためのサポート体制や、社外での勉強会の情報提供などもあったりと、とても充実しています。
また、ウエノ薬局では、社長が薬剤師としての業務に多く関わることから、距離が近く、業務を通して様々なことを学ぶことが出来ます。薬剤師に必要不可欠な薬の知識、患者様とのコミュニケーションの方法から卸さんや他の薬局関係者との関わり方など、薬剤師としてだけでなく、人として成長できる場が提供されています。
新しい薬や情報が飛び交う中で、私たち薬剤師は視野を広げて幅広い知識を身につけ、患者様に安心して薬を服用して頂けるように努めなければなりません。中には自分が服用している薬に関してとても詳しい患者様もいらして、服薬指導を通して患者様から教えられて学ぶこともたくさんあります。勉強会などで新しい知識を習得したり、時には基本に戻って再確認をしたりしながら、患者様ひとりひとりにあった、適切な服薬指導が出来るような薬剤師を目指し続けていきたいと思います。


                                                                                                                  

入社して1年4ヶ月が経過しました。私は当社の大きな魅力をスタッフ一人一人の人柄の良さと最新機器が導入された環境で業務ができることだと感じています。
我が社の薬局は電子薬歴システム、薬袋印字装置、処方箋二次元バーコード読み取りシステムが導入されており結果、患者さまの待ち時間の短縮また服薬指導の充実にもつながり、薬剤師が業務に専心できる環境を提供されています。
また、教育面では定期的に社内勉強会が行われ、各店舗においても月に1回以上のメーカーによる勉強会を行っており、見聞を広げると共に多くの知識を蓄えることができます。
現在の医療業界(調剤薬局)では質の高い薬剤師が求められています。
調剤ができれば大丈夫という訳ではなく、医薬品に関する専門知識を持ち、患者様の背景を考慮し、患者さま目線で考え伝えることが薬剤師の当然の資質となってきました。
日々進歩する医療の世界においては日頃の学習による知識の蓄積が必要不可欠であることは言うまでもありません。私は今後も社内の勉強会だけでなく社外の勉強会にも積極的に参加し薬剤師としての専門知識を増やしていきたいと思います。
また、患者さまが気持ち良く居られるよう薬局内を常に清潔に保つこと、適切な態度、丁寧な言葉づかいで接すること、自分の持っている知識を患者さまに分かりやすく説明できるよう常に患者さまのことを考えて行動していきたいと思います。
今後も患者さまの生活の向上に少しでも貢献できるように毎日の業務に励んでまいります。

                                

私たち薬剤師は、日々、お薬を通して患者さまと接しています。調剤業務の中で、私たち薬剤師には「医薬品の適正な使用に必要な情報提供」が義務づけられており、医薬品が適正に、かつ安全に使用されるように努めています。この中で薬剤師の'話'は、「服薬指導」として形を変えています。
毎日、薬局にはさまざまな方がいらっしゃいますが、疾病も、年齢も、社会環境も皆それぞれです。不安や悲しみ、怒りなど患者さまが抱えている感情もまた、ひとりひとり異なります。それでも、疾病の治療に私たちがお薬を介して関わることによって、薬局からお帰りになる時には少しでも気分が晴れやかになったり、笑顔で「ありがとう」と言っていただけたら、それは私たちにとっても大きな喜びになります。
医薬分業が進む中、医療環境の変化は、私たち薬剤師に多くの可能性をもたらすと感じています。私たちが習得している医薬品や疾病の知識や情報を患者さまに効率よく提供することができ、効果的な服薬指導、患者カウンセリングができれば、薬剤師としての職能や役割を今後ますます拡大させ、社会に貢献できるのではないでしょうか。
そのためには、日々の積み重ねの重要性を再認識し、素敵な先輩薬剤師に習いながら、階段を上がるように一歩ずつ確実に、薬剤師としての専門性、人間性を高めていきたいと思います。ウエノ薬局グループの各薬局にはその土台がしっかりとできていると感じています。

                                                     

薬剤部長株式会社ウエノのホームページにアクセスしてくださいましてありがとうございます。
薬剤部長の村松研一と申します。
薬剤師の任務は、薬剤師法という法律で「薬剤師は、調剤、医薬品の供給その他薬事衛生をつかさどることによって、公衆衛生の向上及び増進に寄与し、もって国民の健康な生活を確保するものとする」と規定されており、私たちは調剤業務に携わる薬剤師として、その専門性を活かしながら、患者さまに安心かつ安全にお薬を服用していただけるよう日々努めております。
お薬には、どのように作用するのか、どのように服用するのか、どんな副作用が報告されているのか、他のお薬との飲み合わせはどうかといった適正かつ安全な服用方法などに関する様々な情報が必要不可欠です。
病気の治療や予防、健康の維持のために処方されたお薬が、使い方によっては効果がなかったり、危険なことさえあります。
私たちは医師の処方せんどおりにお薬を正確かつ迅速に調剤することはもちろんのこと、お薬の有効性、安全性を確保して適正な使用を推進するために、処方されたお薬に関する副作用や併用している薬との相互作用などについて、患者さまの体質やアレルギー歴、これまでの服薬状況等を記録・確認し、疑問点があれば処方医に照会したうえで調剤することが業務となっております。
また、日常生活における健康上のアドバイスなど、患者さまの疑問や不安にお答えすることは、調剤と同じく薬剤師の大きな仕事です。患者さまによっては、飲みづらいお薬があったり、使用方法がわかりにくいなど要望をお持ちの方もいらっしゃいます。
社会の多様化、医療の高度化が進む今、患者さまひとりひとりの立場にたってきめ細かな対応をしていくことは、専門知識をもった薬剤師の大事な役割です。こうした業務を遂行するにあたって、薬に関する最新情報の収集と整理も重要な業務となっています。そのため、薬剤師会研修会、社内勉強会などで知識、技能の向上を目指し、医療の一端を担うスペシャリストとして患者さまによりよい医療環境を提供できるよう励んでいきたいと考えておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

株式会社ウエノ 薬剤部長 村松 研一
 (東京理科大学 薬学部卒・日本薬剤師研修センター研修認定薬剤師)

  私は大学在学中、経済学を専攻しておりましたが、祖母の病気をきっかけに健康に対して関心を持つようになり、病態や治療、医薬品に対する知識を深めたいと思うようになりました。
化学や生物が元々好きだったこともあり、人の生命や健康に係わる職業に携わりたいという思いから薬剤師になることを決意いたしました。
  医療機関が診察を行って処方箋を発行し、それを調剤薬局が受け取って調剤を行うという役割体制、いわゆる医薬分業が進み、調剤薬局において患者さまに医薬品を有効かつ安全に使用していただくために、服薬方法などに関する様々な情報提供が必要不可欠になっています。
さらに近年では、医療の急速な進歩、医療事故の社会問題化、薬学部の6年制の導入など、医療を取り巻く環境の大きな変化に伴い、患者さまの立場に立った「患者本位の医療」が求められており、医薬品に関する専門知識を高めることはもとより、医療人としての高い倫理性が重要視されるようになっています。
  私は調剤業務に携わる薬剤師として、患者さまに安全にお薬を服用していただくため、医薬品についての情報を正確に解りやすい言葉で伝えるだけでなく、安心して服用していただくため、患者さまひとりひとりの気持ちに配慮し、その背景にある不安や訴えを汲み取り、適切できめ細かいアドバイスができるように心掛けていきたいと思います。
  当社は勉強会、研修会が積極的に行われており、ハード面では数多くの最新の調剤機器、先進の会計システム、社内連絡も確立されたイントラネットなど私達薬剤師は恵まれた環境で働いております。また、患者さまや地域の皆さまに役立つよう万一の事態に備え、全薬局でAEDを設置しています。私共社員は救急救命の講習を幾たびも受け、緊急時に備えていることもクオリティーの高い薬局と言えるのではないでしょうか。
   働く環境の中で一番に私が思えることは、当社の社長は私と同じ薬剤師ということです。薬剤師の悩みや仕事上で壁にぶつかった時など親身になって話を聞いてもらえ、一緒に悩み、一緒に問題を解決してくれる頼もしくもあり、優しい社長のもとで働くことができることです。これからも先輩薬剤師の方々に指導を仰ぎ、日々勉強を重ねて吸収した知識や技術を活かしながら、患者さまのためにできることをひとつでも多く見出し、患者さまに選ばれる薬局、信頼される薬剤師を目指し今後も努力を続けていきたいと思います。

私は大学生時代の薬局実習がきっかけで、ウエノ薬局の方々のスキルの高さ、患者様への接遇の姿勢に惹かれ入社いたしました。
医師と薬剤師がそれぞれの専門性を十分に発揮して医薬品の適正使用を行うための医薬分業が、日々進化していく医薬品の製剤技術に伴う医薬品の多様化や高齢化社会などの要因からその重要性がより一層高まっている今、薬剤師のスキルの高さ、コミュニケーション能力が問われています。また、薬剤師の仕事は調剤、服薬指導はもとより、サプリメントや大衆薬についての情報提供、生活スタイルへのアドバイスなど多岐にわたり、活動の場が広がっていると聞きます。そのような中、特に保険薬剤師として実際に薬局の窓口で患者様への投薬をする際、私は患者様とのコミュニケーションがいかに大事か改めて気づきました。大学でコミュニケーション・スキルの講義もありましたが、やはり現場では患者様それぞれ状況は違うので、まだまだ先輩薬剤師の方々から教えられながら、見よう見真似でコミュニケーションをとろうとしているのが私の現状です。確かに、薬剤師として新薬は日々開発されるため、生涯勉強していかなければなりませんが、私は薬の知識・技術を習得するだけでなく、医薬分業が進み、患者様からの情報をもとに服薬指導することが保険薬局に求められるようになった今、機械的に質問するのではなく、患者様の状況や気持ちを理解し、会話・気配りができる薬剤師をめざしていきたいと思っています。
日本の薬剤師の社会的地位は欧米などに比べ、まだまだ低く、発展途上と聞きますが、患者様に薬剤師として持っている知識や能力を提供し、患者様を通して社会に貢献することが、薬剤師の社会的地位向上につながると信じています。

 

page 1

Categories

Tags
Monthly Archive
QR Code for Mobile and for iPhone
携帯サイト用QRコード   iPhone用ページ