あけぼの大豆

2020年2月25日 | コメント(0)

先日、「あけぼの大豆の枝豆」を食べる機会がありました。あけぼの大豆そのものをいただくのは初めてだったのですが、大粒でとても甘い味に思わず顔がほころんでしまいました。あけぼの大豆は、山梨県南巨摩郡身延町の曙(あけぼの)地区を中心に明治時代から栽培されていましたが、生産地が限られ生産量も多くなかったので「幻の大豆」と呼ばれていたそうです。
身延町と身延町商工会では、この美味しいあけぼの大豆を町の特産品にして、まちおこしや定住人口の拡大などにつなげるため、現在、町内全域で生産振興を図るとともに、収穫体験や栽培講習会も開催しています。
極上枝豆ジャンボシュウマイは、あけぼの大豆が乗っている大きなシュウマイで、ジュワッと肉汁があふれ出るイチ押しの特産品として売り出し中です。皆さんもあけぼの大豆を召し上がってみませんか。

dd23754e394aefbc7738660df9d1691d.jpg

コメントする

(スタイル用のHTMLタグを使えます)

Categories
Instagram @ueno.pharmasy
Instagram

Tags
Monthly Archive
QR Code for Mobile and for iPhone
携帯サイト用QRコード   iPhone用ページ