ぶどうの効能

2019年8月27日 | コメント(0)

私は毎年夏になると県外の友人や親族に桃やぶどうを送っています。県外の人からすると山梨の桃やぶどうは大きさや房、枝がとても新鮮で大変喜ばれます。自分ではほとんど買ったことがなく、幸いいただくことが多いので当たり前のように食べていましたが、恵まれた環境に改めて感謝する次第です。
果物というとカロリーのことが気になってしまいがちですが、栄養価はどうなのだろうと思い、調べてみました。
ぶどうには体内に吸収されやすいブドウ糖や果糖などの糖質が多く含まれており、これらは体内で代謝の経過を経ずにそのままエネルギーになってくれるので、疲労回復効果が非常に大きいです。また、ブドウ糖や果糖などの糖質は直接脳の栄養源となり、脳の働きを活発にし、集中力を高める効果があります。
他にワインでも有名な、アントシアニンなどのポリフェノールがたくさん含まれています。アントシアニンはロドプシンの再合成を助ける効能があります。ロドプシンとは、目の網膜にある紫色の色素で、ロドプシンに光が当たることによって生じる信号が脳に送られて、目が見えると認識されます。しかし、ロドプシンは光に当たることにより、ビタミンAに分解され、もう一度ロドプシンに再合成されます。長時間目を酷使し続けると、再合成が間に合わず、ロドプシンは減少していきます。アントシアニンにはロドプシンの再合成を促進し、眼精疲労を回復し、視力を改善する働きがあるとされています。また、網膜に張り巡らされた毛細血管の保護・強化作用・血液循環を向上される効果や、角膜、水晶体などに含まれるコラーゲンを安定される作用もあるようです。
ちなみにおいしいぶどうの選び方は色が濃く、表面に張りがあり、ブルームと呼ばれる白い粉をふいたようなものがついているもの、また、枝の色が緑で切り口が新しいものを選ぶのがよいそうです。枝の色は送った方から、こんな緑の枝見たことがないとよく言われます。新鮮でしっかりしたものはなかなか見ないようですね。
ぶどうのカロリーですが、種類に関係なく、100gあたり59Kcalとすべて同じカロリーです。大粒の品種もあれば小粒の品種もありますが重さによる計算のようです。

240_F_285100941_1NJ23xJ2rSFAGmZCbVEjFQ4kTUJEgsaY.jpg

コメントする

(スタイル用のHTMLタグを使えます)

Categories

Tags
Monthly Archive
QR Code for Mobile and for iPhone
携帯サイト用QRコード   iPhone用ページ