「サンバーン」と「サンタン」って?

2016年8月16日 | コメント(0)

暑い季節となりましたね。皆さま、日焼けしてませんか?私は海にもでかけていないのに小麦色でございます。「日焼けするとすぐに赤くなるのよね~ヒリヒリして痛い。」という人と「日焼けするとすぐ黒くなるの!全然痛くないわ。」という人で分かれますよね。もちろん小麦色の私は後者です。なぜ赤くなる人と黒くなる人がいるのかお話しさせてください。
そもそも「日焼け」は英語では2種類の言葉で区別されているそう。「サンバーン」と「サンタン」というそうです。
タイプ① 「サンバーン」
このタイプの人は、紫外線を浴びることで、肌が赤くなり、ほてりや痛みを感じるはずです。理由としては、肌を守るメラニンが少ないことです。メラニンが少ないため、肌が軽いやけどと同じ状態になっているとのこと。白人の方はこのタイプです。シミやそばかすができやすく、皮膚がんや白内障にもなりやすいと言われています。
タイプ② 「サンタン」
このタイプの人は、紫外線を浴びることで肌が黒くなります。タイプ①の人に比べて痛みを伴うものではありません。タイプ②の人は、タイプ①の人よりメラニンを生成する能力が高く、そのメラニンが紫外線により酸化することで、黒く見えるようです。このタイプが地黒の人が多いとのこと。赤くならない・痛くならないから紫外線の影響を受けていないわけではありません。シミやしわには要注意です。

どちらのタイプだったとしても、大切なのは日焼け予防と日焼け後のケアです。日焼け予防としては、日ごろから日傘をさしたり、日焼け止めを塗って対応することが大切です。
日焼け後のケアで大切なのは3つ!
肌を冷やす...特にタイプ①の方!肌はやけどをしたような状態なのです。氷嚢やシャワーで体を冷やします。そして、普段より多めのお水を飲んでください。紫外線により身体の水分は失われています。
保湿...肌への水分補給も大切です。刺激の少ない化粧水と乳液をお肌に塗ってください。
ビタミンC&Eの補給...メラニンの生成を抑える効果があります。身体の中から日焼けケアをしましょう。

私自身、ついついめんどくさくなり日焼け止めクリームを塗らなかったり、日焼け後のケアを怠りがちです...。健康で美しいお肌でいるためには小まめにケアしていかないといけないな~なんて、この記事を書きながら反省しております。まだまだ残暑の厳しい日が続きます。肌を出すことも多いこの季節、日焼けにはご用心です!


Fotolia_103572111_XS.jpg

コメントする

(スタイル用のHTMLタグを使えます)

Categories

Tags
Monthly Archive
QR Code for Mobile and for iPhone
携帯サイト用QRコード   iPhone用ページ