ホースセラピー

2016年5月31日 | コメント(0)

皆さんはアニマルセラピーをご存じですか?その名の通り、動物との触れ合いで人々の心を癒したり
身体のリハビリテーションなどを行う、動物介在療法や動物介在活動のことです。よく知られているものに、犬、イルカ、馬などによるものがあります。今回は特に私の大好きな馬によるホースセラピーについてお話します。日本ではあまり一般的ではないですが、他の動物の場合と同じでストレス解消や癒しのような効果がある上、馬の振動やリズムによって脳や筋肉を刺激し、体の動きを改善させるような効果もあるらしいのです。馬に乗るためにはバランスなどが必要なので、リハビリとしての評価は高いようです。欧米ではかなり昔からこのような乗馬療法が行われているようです。馬と接することにより五感が刺激され心身を活性化するのです。例えば馬に触れることにより感じる温もり(馬の体温は37から38度くらいです)、馬上から見える景色の違い(馬の背中の高さは130、140cm以上になるので)、馬の歩くことにより聞こえる蹄の音など普段の生活からはおそらく得られない感覚なのです。同じアニマルセラピーでも犬の場合は、犬とともに歩くことで自足歩行の改善がなされるようですが、馬の場合は、馬の背中にまたがることにより股関節が開き、その複雑な揺れにより身体のバランスの向上にも効果があるようなのです。
以前ある乗馬クラブの催しで、障害のある子供さんの乗馬体験の手伝いをしたことがあるのですが、かなり倒れそうな位揺れていたので(私にはそう思えたのですが)思わず手で支えようとしたのですが、案外バランスはとれているようで落ちたりしないのです。もちろん馬は常歩(なみあし)という、ゆっくり歩くコースなのですが。(童謡にあるポックリポックリ歩く速さです)
他にも乗馬することで交感神経の緊張の緩和が生じ、自律神経機能のリラックス効果もあるので睡眠の質の向上なども認められたという報告もあるようです。ただ私個人的には、リラックスというよりは馬を鼓舞するためアドレナリンを出して汗だくになりながら乗っている感じです。でも、相棒はサラブレットで繊細な所があり怖がりのため、時々予期せぬ動きをすることがあります。それゆえ反射神経は鍛えられているかもしれません。


huku.jpg

コメントする

(スタイル用のHTMLタグを使えます)

Categories

Tags
Monthly Archive
QR Code for Mobile and for iPhone
携帯サイト用QRコード   iPhone用ページ