入浴中のスキンケア

2015年11月17日 | コメント(0)

お風呂から出た時、お肌の乾燥を感じることはありませんか?
その乾燥こそ、バリア機能が低下してシミ、しわなどのトラブルが起こる予兆!対策のポイントは、洗顔後すぐのスキンケアにあるようです。

美しい肌の敵、乾燥。潤いがない肌はハリがなく老けて見えてしまうばかりか、シミやしわの原因です。
乾燥するタイミングにもさまざまありますが、特に洗顔後は気になりますよね。これは、洗顔が汚れと共にバリア機能も洗い流してしまうからです。
しかし、しっかり保湿に気を付けているから大丈夫という方でも入浴時のケアには無頓着では?お風呂は水蒸気がいっぱいだから乾燥しないというのは間違いで、入浴中であっても洗顔後すぐにケアしないと肌の乾燥は進んでしまうのだそうです。入浴中のスキンケアがベストということです。湯船につかって体が温まると血行が促進され、肌は柔らかくなります。毛穴も開いているのでスキンケア効果アップが期待されることは言うまでもありません。

そこで最近注目されているのが、肌や手が濡れている様態でも使える椿油です。肌のバリア機能をつかさどる皮脂と同じ成分「オレイン酸」が主成分で、洗顔後の無防備な肌をしっとり、もちもちな肌へと導いてくれます。翌朝の触り心地も全然違うんですよ。
皮脂は加齢によっても減少しますし、これからの季節は特に減少傾向にあります。
椿油を使ったお風呂うるおいケアで肌を喜ばせてあげましょう。




Fotolia_66139663_XS.jpg

コメントする

(スタイル用のHTMLタグを使えます)

Categories

Tags
Monthly Archive
QR Code for Mobile and for iPhone
携帯サイト用QRコード   iPhone用ページ