『春の旬菜』

2014年4月 8日 | コメント(0)

朝晩の冷え込みも少なくなり春がすぐそこまでやって来ています。先日、春の使者と呼ばれる〈ふきのとう〉の天ぷらを食べました。
スーパーに行けばいつも同じ野菜が買えますが、野菜に限らず食べ物には旬の時期があります。旬の野菜には栄養がたっぷりと含まれているので、健康と美容に効果抜群なのです。旬の時期とそうでない時期で含まれる栄養価の量が大きく変わります。

ふきのとうは、ふきより栄養価が高く、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンE、ビタミンK、パントテン酸、カリウム、リン、鉄、銅、食物繊維などを多く含みます。昔から、春の山菜には冬の間に体に貯まった老廃物を排出する働きがあると言われています。更に、ふきやふきのとう特有のにがみや香りにもそれぞれ働きがあり、にがみはクロロゲン酸というポリフェノールの一種の成分です。クロロゲン酸は抗酸化作用のある成分で、老化やガンにたいして予防するといった働きがあります。 また、香りには咳止めや喉の炎症を抑えるといった効果や食欲増進といったがあるとされています。

新生活など環境がかわり体調を崩しやすい季節です。美味しい旬菜を食べて元気に健康にすごしたいですね。

fuki.png

コメントする

(スタイル用のHTMLタグを使えます)

Categories

Tags
Monthly Archive
QR Code for Mobile and for iPhone
携帯サイト用QRコード   iPhone用ページ