あれから3年

2014年3月11日 | コメント(0)

私たち日本人にとって忘れられない日、忘れてはならない日...東日本大震災当日。
連日テレビで放映された映像に日本中、いいえ世界中の人々が涙を流しました。
「失望」や「悲しみ」と言う安易な言葉では言い表せない程重く、鈍く、苦しい感情ばかりが込み上げる毎日でした。
当時は明るい未来の気配すら感じる事が出来ませんでした。
 
あれから3年。
長かったのか短かったのか、人それぞれの時間が流れたと思います。
その時間の中で多くの人が力強く、確実に未来への時間を積み重ねて来ました。
被災者の方達の意志を持って「生きている」姿を見て、多くの人の中に強さと未来が生まれたように思います。
震災前は「生きる」とはとても惰性的で当たり前の事だと思っていました。
しかしあの未曾有の惨事の中、未来に繋がる「希望」を宿し、力強く「生きる」人々の姿を見て改めて「生きる」事の意味を考えました。
ただ単に時間を重ねるのでは無く、希望を持って未来に向かって進むことが「生きる」事なのではないでしょうか。
大事な人と過ごしたい未来、家族や家を守りたい未来、孫の笑顔を見たい未来...。
そんな数多くの未来への希望が私達に今という時間、そしてこれからやって来るであろう時間を与えてくれるのだと思います。
平成26年3月11日を迎えるにあたり、改めて生きる事(希望を持つ事)を考え、今ある全ての環境に感謝したいと思います。
 
震災で亡くなられた方々のご冥福を心よりお祈り申し上げます。
そして震災で心や身体に傷を負った全ての方に、より多くの希望が灯りますようお祈り申し上げます。
 
3.11.png

コメントする

(スタイル用のHTMLタグを使えます)

Categories

Tags
Monthly Archive
QR Code for Mobile and for iPhone
携帯サイト用QRコード   iPhone用ページ