爪が剥がれた原因は・・

2014年1月21日 | コメント(0)

先月辺りから、両手指の爪が根本のほうから剥がれてきました。乾燥や食生活が影響しているのだろうと思ったのですが、根本のほうからというのが気になり原因をよく調べてみてはっとしました。

昨年の10月頃に、39.7℃の熱が出て喉が痛み体のいろいろな場所に発疹が出ました。手足の指の発疹は物に触れると痛み、何より辛かったのは喉の痛みで、食事がおいしく食べられない状態がしばらく続きました。手足口病ではないかとの診断でした。

手足口病は口の中や手足などに水疱性の発疹が出る、ウイルス感染によって起こる感染症で夏場に多くみられる疾患です。5歳以下の乳幼児に多くみられますが大人でも感染することがあります。

この手足口病の発病から1~2か月後に爪が浮き上がり脱落する爪甲剥離症(そうこうはくりしょう)が起こることがあるそうです。時期的にも一致しますし、まさにこれだ!と納得してしまいました。

特に対策のようなものはないため、新たな爪が生えてくるのを待つしかありません。爪が生え変わるサイクルは環境にもよりますが一般的に手で半年、足で1年と言われています。両手の爪が元通りになるにはまだ暫く時間が掛かりそうです...。

tume.png

コメントする

(スタイル用のHTMLタグを使えます)

Categories

Tags
Monthly Archive
QR Code for Mobile and for iPhone
携帯サイト用QRコード   iPhone用ページ