お餅つき

2013年12月11日 | コメント(0)

先日娘の保育園でお餅つきがありました。
年少さんの娘は食育の一環で上の子達のお餅つきの様子を見たり応援したりしてからつきたてのお餅を食べてきました。美味しかったよ~っと笑顔で帰ってきました。
そもそも何故お正月にお餅を食べるのだろうと思い調べてみました。
モチは民俗学でいうハレの日(非日常、とくに神祭など祝いの日)の食べ物で、稲作農耕の食文化の一つとして伝えられてきました。
餅を神祭や通過儀礼の食品としたのは稲霊信仰によるもので、餅を食べることで神の霊力を体内に迎え、生命力の再生と補強を願ったといいます。正月は年玉(年霊)といい年間で最も重要な神祭のため正月にお餅を食べるようです。
お餅を食べて神の力を迎え入れ元気になろう!
そして神に感謝しよう!ということなのですね。
しかし毎年この時期は餅による窒息事故が多くなります。
良く噛んでゆっくり食べること、横になったり、寝た状態で食べないこと、高齢者や乳幼児には注意してあげることなどを気をつけて皆さんお正月に美味しいお餅を食べましょう!

Fotolia_58719442_XS.jpg

コメントする

(スタイル用のHTMLタグを使えます)

Categories

Tags
Monthly Archive
QR Code for Mobile and for iPhone
携帯サイト用QRコード   iPhone用ページ