荏胡麻(エゴマ)は 生活習慣病の味方!

2013年10月15日 | コメント(0)

お彼岸に貴重なエゴマの手作り"おはぎ"をご近所さんから頂きました。
エゴマはシソ科の1年草でオメガ3系の必須脂肪酸 α-リノレン酸を 50~60%も含む稀有な植物です。
α-リノレン酸は身体に必要な必須脂肪酸と呼ばれ、体内で合成出来ない為、食事での摂取が必要となります。α-リノレン酸は体内に入るとEPA(エイコサペンタエン酸)→DPA(ドコサペンタエン酸)→DHA(ドコサヘキサエン酸)に変換されます。EPAやDHAは青魚に含まれる油で生活習慣病の予防や脳を活性化するとCMでも有名です。嬉しいことにエゴマ油やシソ油は、総コレステロール・悪玉コレステロール・中性脂肪は下げて、善玉コレステロールはそのままです。熱には弱く、癖がない油なので、ドレッシングとして使ったり、パスタに和えたりして食べるのがよいです。コレステロール値の気になる年頃。でも、おはぎは、食べたい! エゴマなら・・・大丈夫!
明日から食事にエゴマ油やシソ油を取り入れてみようと考えながらおはぎをパクリと3個いただきました。
ごちそうさまでした。

250px-W_egoma5081.jpg

コメントする

(スタイル用のHTMLタグを使えます)

Categories

Tags
Monthly Archive
QR Code for Mobile and for iPhone
携帯サイト用QRコード   iPhone用ページ