「チーム医療」

2013年1月29日 | コメント(0)

つい数年前の考え方では患者様への医療ケアへの内容を主治医が決定し、薬剤師、看護師等の専門職へ指示するシステムが一般的でしたが、近年では一人ひとりの患者様に対し、専門職種が集まり一つのチームとして医療サービスを提供していくようになりました。
この言葉だけでは何が変わったのか分かりにくいのですが、医療が高度化したため複数の科が携わり、診断技術や治療の多様化・複雑化に伴い、主治医一人で総合判断をすることが困難になってきています。
携わる専門職では薬剤師、看護師だけではなく、栄養士、カウンセラー、ヘルパー、理学療法士等、時には「家族」もチームの一員として考えられるケースもあります。
これにより、薬剤師としてはその職能をさらに生かす場が増えますが、従来以上に専門職種としての知識や技術を向上することはもちろん、「他の専門職種の知識についても知る」必要があります。
在宅医療も推進されており、より安心で安全な医療を提供するために、新しい情報やより深い知識に常に目を向け、生涯学習として学び続けていきたいと思います。
Fotolia_33763452_XS.jpg

コメントする

(スタイル用のHTMLタグを使えます)

Categories

Tags
Monthly Archive
QR Code for Mobile and for iPhone
携帯サイト用QRコード   iPhone用ページ