子宮頸がんワクチンを知っていますか?

2012年3月22日 | コメント(0)

humibas.jpg現在、20~30代の女性に子宮頸がんが増えています。しかし、子宮頸がんを予防できることはあまり知られていません。子宮頸がんはワクチンの接種と定期的な検診で予防できます。
子宮頸がんの原因はヒトパピローマウィルス(HPV)による感染。このウィルスはほとんどの女性が一度は感染するありふれたウィルスです。ワクチンを接種するとヒトパピローマウィルス(HPV)に対する抗体が作られます。また、これらのウィルスが関係している尖圭コンジローマの発症も予防できます。
しかし、ワクチンだけでは100%子宮頸がんを予防できるわけではありません。
接種前に感染しているヒトパピローマウィルス(HPV)を排除したり、すでに生じた病変の進行予防効果は期待できません。
ワクチン接種とあわせて定期的な子宮頸がん検診も重要です。私も年1回検診を受けていますし、先日ワクチン接種2回目を行いました。早期発見と治療のために定期的に検診を受けるようにしましょう。

コメントする

(スタイル用のHTMLタグを使えます)

Categories

Tags
Monthly Archive
QR Code for Mobile and for iPhone
携帯サイト用QRコード   iPhone用ページ