いざ実践!!小児の薬の飲ませ方

2011年6月20日 | コメント(0)

「子供が薬を嫌がって飲んでくれないんです。」
小児のお薬をお渡しするときに、親御さまからこのような相談を受けることがあります。お薬にもよりますが、粉薬に施してある甘味のコーティングは胃酸で溶けるようにできているため、乳酸菌飲料やスポーツドリンクなど、酸性のもの(酸味のあるもの)で服用したり、混合したりするとコーティングが溶けて薬の苦みが出てしまうことがあります。ですから、「この薬は飲み物や食品と混ぜても平気」ですとか、「この薬とこの薬を一緒にすると苦くなるから避けて」というような説明をさせていただくのですが...
娘が最近、お薬を嫌がるようになってしまいました。今までは白湯を少しだけ混ぜてお団子状にして飲ませていましたが、今回はすぐに舌で押し出すようにして口から出してしまいました。白湯に溶かしてみても飲んでくれません。
そこで、牛乳に混ぜたり、ゼリーで包んだり、ジャムに混ぜたり、チョコレートシロップに混ぜたり‥いつも服薬指導でお勧めしているような方法を試してみましたがどれも嫌がって飲んでくれませんでした。嗚呼、薬がなくなってしまう(汗)。最後に試したのがアイスクリーム。これは大成功でした。2口目以降も「もっと頂戴!」と言わんばかりに"あーん"て、してくれて残さず食べてくれました。
...でも、調子に乗って食べさせていたら、お腹がゆるゆるになってしまいました。くれぐれも"与えすぎ"には注意が必要ですね。よい勉強になりました(^^ゞ mumm.JPG

コメントする

(スタイル用のHTMLタグを使えます)

Categories

Tags
Monthly Archive
QR Code for Mobile and for iPhone
携帯サイト用QRコード   iPhone用ページ