成分量と秤用量

2011年1月31日 | コメント(0)

私が新米薬剤師だった時のお話をさせていただきます。
アレビアチン細粒97%が存在していた頃、アレビアチン散10%との取り違えによる事故が多発した為、細粒の発売が中止になりました。フェニトインとしての成人用量は1日200~300mgです。当時、注意が必要な薬剤には、「用量注意」のイエローカードを処方箋と一緒にしていたので、間違えることはありませんでしたが、いつも年齢・成分量・秤用量を確認しながら調剤をしていました。
時間がある時は、薬剤師同士、力価(mg表示)から実秤量(g)への換算や確認のために実秤量から力価への換算の練習をしました。
時が過ぎた今でもアレビアチンを見るたびに、初心に帰り調剤にあたろうと思います!

コメントする

(スタイル用のHTMLタグを使えます)

Categories

Tags
Monthly Archive
QR Code for Mobile and for iPhone
携帯サイト用QRコード   iPhone用ページ