蜂蜜の意外な真実

2010年12月 1日 | コメント(0)

このところ寒さが厳しさを増してきました。風邪が流行り始め、ひいた方が多く来局するようになりました。風邪やインフルエンザなどで体力が弱った体は栄養価の高いものを摂取したいですよね。
そこで今回取りあげるのが「蜂蜜」です。蜂蜜は牛乳とともにビタミン・ミネラルなどの栄養素に富むうえカロリーも高いので、弱った体にはピッタリではないでしょうか。インターネットで調べてみますと、色々な調理法がでてくるので、ただ食べるだけでは物足りないという方はいろいろなレシピを参考に調理をされてみてはいかがでしょうか?
そしてこの蜂蜜はなんと、昔は薬として使われていました。その名残で日本薬局方には今でも「ハチミツ」として記載されていますし、「医薬品」として輸入する際には薬事法の規制が適用されます。蜂蜜が長持ちする理由は蜂蜜には抗菌作用があるからだそうです。炎症を抑える効果もあるので、口内炎等の治療に使われていたそうです。抗菌作用と抗炎症作用といったら、風邪をひいた方によく処方されるのが抗生物質と解熱鎮痛剤なので、まさに風邪をひいた方の為にあるような食品ではないでしょうか。でも1歳未満のお子様には禁忌となっておりますので、ご注意ください。ハチミツは1歳になってから! mitu.JPG
mitu.JPG

コメントする

(スタイル用のHTMLタグを使えます)

Categories

Tags
Monthly Archive
QR Code for Mobile and for iPhone
携帯サイト用QRコード   iPhone用ページ