ips細胞の可能性

2011年8月15日 | コメント(0)

aasak.JPG先日京都大学の斎藤教授の研究グループがips細胞から作られたマウスの精子を受精させて正常な子供が生まれたという研究が報道されました。
ips細胞とは皮膚などの普通の細胞に数種類の遺伝子を導入することで様々な細胞へと分化することができる細胞のことで、この細胞は理論上全ての組織や臓器に分化することができるため、移植用の臓器を作成できる技術が確立されれば拒否反応のない臓器移植ができることになります。
また、従来は採取が困難であった細胞に分化させることで、原因がよく分からない難病の研究や、薬剤の毒性・効果を評価することが可能になることから創薬の分野においても新しい可能性を開拓できると期待されています。
今回の研究成果については一部の不妊症の原因解明や治療法の開発などにつながるということだそうです。ただ、ヒトとマウスは異なる部分も多いため今回の研究ではただちにヒトの精子を作成できるものではないそうです。夢の技術・ips細胞に関連する研究からは今後も目が離せないですね

コメントする

(スタイル用のHTMLタグを使えます)

Categories

Tags
Monthly Archive
QR Code for Mobile and for iPhone
携帯サイト用QRコード   iPhone用ページ