2016年8月30日 | | コメント(0)

山梨県では今葡萄の出荷時期を迎えています。葡萄にはたくさんの種類があり山梨は葡萄の産地で有名です。嫁の実家では葡萄を作っていますが、県外の出身である私は葡萄の収穫、出荷などを手伝うのはすべて初めてのことでした。
 「ピオーネ」と、「巨峰」を作っていますが、違いが大きさくらいしかわからなかったので葡萄のことについて調べてみました。
「巨峰」は大井上理農学研究所の大井上康氏により石原早生とセンテニアルを交配させて作られたブドウで正式な品種名は「石原センテニアル」と言い日本原産の葡萄とのこと、「ピオーネ」は巨峰とカノンホール・マスカットの交配による黒系大房葡萄で、巨峰よりボリュームがありも肉質で締まり、強い甘みに爽やかな酸味のバランスが絶妙で味わい深い食味を得られる葡萄で現在の黒系大房葡萄の中では人気があるとのことでした。
葡萄はさらに豊富な栄養素を含んでいます。
葡萄の主成分はブドウ糖と果糖、酒石酸、さらにクエン酸も豊富に含んでいるため、疲労回復や栄養補給に適しているとされています。またビタミンA、ビタミンB1,B2、ビタミンCなどのビタミン類を含み、カリウム、リン、カルシム、鉄分などのミネラル分は果物の中では豊富な部類に入ります
葡萄に入っている成分で重要なのはポリフェノールです。殺菌作用や抗酸化作用に優れたカテキンや、目の周りの血流を改善し眼精疲労に効果があるアントシアニンなどのポリフェノールが多く入っているほか、タンニンや若返り成分と言われている「レスベラトロール」というポリフェノールも含まれています。
レスベラトールは美容界の注目成分の1つでシミやシワの原因となる活性酸素を除去してくれる作用が高いことから美肌や老化防止効果が期待できます。歯の着色など悪いイメージを持っている方もいるかもしれませんが、タンニンもまた高い抗酸化作用、抗炎症・抗アレルギー作用を持っています。
レスベラトールは脂肪の蓄積を減少させる効果があることからメタボリックシンドロームの予防やダイエットでも注目されています。またタンニンにも脂肪燃焼効果促進があります。紅茶や緑茶を運動前に飲むと脂肪が燃えやすい、といわれているのもこの成分のためです。
葡萄を美味しくいただき、栄養補給をして、まだ暑さが続く夏を乗り切りましょう。



Fotolia_118467287_XS (2).jpg

2016年8月23日 | | コメント(0)

最近私は、朝少し早く起きて自宅の近所をウォーキングしています。 
運動不足が気になっていたので始めたのですが、お金を掛けずに気軽にでき、体への負担をあまり掛けずに自分のペースで続けられそうだと考え始めました。 
肥満防止や生活習慣病の予防、心肺機能の向上や筋力の低下予防、脳の活性化やストレス解消など、ウォーキングをすることで色々な効果が期待できます。ですが、継続できなければその恩恵を受けることができません。身体的・精神的な負担にならないように、無茶はせず、楽な気持ちで行っています。 
早朝の静かな町を散歩するのは、意外に気持ちが良いです。健康維持とストレス解消を期待しつつ、これからも続けていきたいと思います。 



Fotolia_68196897_XS.jpg

2016年8月16日 | | コメント(0)

暑い季節となりましたね。皆さま、日焼けしてませんか?私は海にもでかけていないのに小麦色でございます。「日焼けするとすぐに赤くなるのよね~ヒリヒリして痛い。」という人と「日焼けするとすぐ黒くなるの!全然痛くないわ。」という人で分かれますよね。もちろん小麦色の私は後者です。なぜ赤くなる人と黒くなる人がいるのかお話しさせてください。
そもそも「日焼け」は英語では2種類の言葉で区別されているそう。「サンバーン」と「サンタン」というそうです。
タイプ① 「サンバーン」
このタイプの人は、紫外線を浴びることで、肌が赤くなり、ほてりや痛みを感じるはずです。理由としては、肌を守るメラニンが少ないことです。メラニンが少ないため、肌が軽いやけどと同じ状態になっているとのこと。白人の方はこのタイプです。シミやそばかすができやすく、皮膚がんや白内障にもなりやすいと言われています。
タイプ② 「サンタン」
このタイプの人は、紫外線を浴びることで肌が黒くなります。タイプ①の人に比べて痛みを伴うものではありません。タイプ②の人は、タイプ①の人よりメラニンを生成する能力が高く、そのメラニンが紫外線により酸化することで、黒く見えるようです。このタイプが地黒の人が多いとのこと。赤くならない・痛くならないから紫外線の影響を受けていないわけではありません。シミやしわには要注意です。

どちらのタイプだったとしても、大切なのは日焼け予防と日焼け後のケアです。日焼け予防としては、日ごろから日傘をさしたり、日焼け止めを塗って対応することが大切です。
日焼け後のケアで大切なのは3つ!
肌を冷やす...特にタイプ①の方!肌はやけどをしたような状態なのです。氷嚢やシャワーで体を冷やします。そして、普段より多めのお水を飲んでください。紫外線により身体の水分は失われています。
保湿...肌への水分補給も大切です。刺激の少ない化粧水と乳液をお肌に塗ってください。
ビタミンC&Eの補給...メラニンの生成を抑える効果があります。身体の中から日焼けケアをしましょう。

私自身、ついついめんどくさくなり日焼け止めクリームを塗らなかったり、日焼け後のケアを怠りがちです...。健康で美しいお肌でいるためには小まめにケアしていかないといけないな~なんて、この記事を書きながら反省しております。まだまだ残暑の厳しい日が続きます。肌を出すことも多いこの季節、日焼けにはご用心です!


Fotolia_103572111_XS.jpg

2016年8月 9日 | | コメント(0)

朝ご飯を毎日食べていますか?
実は、朝ご飯をしっかりとることで活動スイッチがオンになり、体温が上昇、エネルギー代謝がアップするのです。

最近注目されているのが 「時間栄養学」 
「いつ食べるのか」が、体に及ぼす影響を考える学問。
私たちは 体内時計 を持っていて、活動に適した時間帯、食べるのに適した時間帯、脂肪が蓄積しやすい時間帯があるそうです。時間などを感知する遺伝子のメカニズムに合わせた食事を心がけることで、太りにくい体になるのだとか!
そう、そこで大切なのが、朝ご飯!ということなのです。
起きて一時間以内に朝ご飯をきちんととることで、エネルギー消費のスイッチがしっかり入り、代謝アップにつながります。子供のお弁当を作りつつ味見・・でも効果的なんだそうです。
食事をとると血糖の上昇を感知し、体中に活動を始めるサインを送ります。これにより、心身の働きが活性化。さらに体温が上がるので、体内のエネルギーが効率よく燃焼され、代謝がよくなります。摂取カロリーが同じなら、3食食べた場合と昼夕2食食べた場合とでは、朝食をとった方が代謝が高くなるということです。

朝は何かと忙しい時間帯。
前日に用意したり、夕食のおかずの残りを活用したりと、自分に合った形で手軽に実践できるようちょっと工夫して代謝アップ!やせ体質を手に入れましょう。



Fotolia_114288336_XS.jpg

2016年8月 2日 | | コメント(0)

山形県に住む、私の祖母が、今年の年明けに癌の転移が見つかりました。
今は、転移が広く、手術はできないのでオキシコンチンとオプソ内服液で疼痛緩和の治療を行っています。
現在85歳です。もう余命は長くないと何度も医師から説明を受けておりますが、現状を悲観することもなく、体調のいい時にはアイスクリームを食べたり、歩く練習をしたりしています。先日は、自宅の庭の草むしりをしなければと心配していました。
 さすがに、痛みで辛いときは、顔をしかめることもありますが、緩和されると、皆に元気な姿を見せようとしてくれます。
 遠くの親戚も、週末ごとに代わる代わる訪れて、大好きな人にたくさん会えて、嬉しいと言っていました。
遠くまで会いに来てくれて「ありがとう」と声を掛ける姿は、皆に元気を与えてくれています。
 元気でいてくれて、ありがとう。本当は、それだけで、十分満たされる事だと思います。

みんな通る道なので、どうしても避けて通るわけにはいきませんが、家族や仲間、知人に精一杯心配してもらい、時間と愛情を使ってもらい、祖母もいい終末期を迎えられて良かったなと思います。
 「心配してくれてありがとう」、「今日も元気でいてくれてありがとう」と心から通じ合える時間を過ごせるのは、本当に幸せなことだと思います。
 薬剤師である私には、出来ることはあまり無いような気がしましたが、レスキューの服用回数で、今日の痛みの様子だとか、麻薬の量に対する副作用の発見だとか、気を付ければ少しでも祖母の現状に参加できるような気がしました。
 限りのある時間ですが、どのように過ごすかも、その人が決めることができるのだと思います。
このような時こそ、医療スタッフの優しさが身に沁みます。常に患者さんに寄り添う気持ちを持っていられるように、毎日を大切に過ごしたいと思います。



Fotolia_75432501_XS.jpg

2016年7月26日 | | コメント(0)

先週末と今週末はどちらも会いたいと思いながらもなかなか会えなかった人に会えた週末でした。

 先週末はちょうど1年前に行った新婚旅行のツアーで知り合った新潟県の夫婦と埼玉県の夫婦と再会しました。このツアーは参加者がなんと私達夫婦を入れて3組しかおらず、それもあってか3組ともとても仲良くなりました。たまたま結婚式をした日も1日しか違わず、初めての結婚記念日の前々日に再会することとなりました。
 旅は道連れ世は情けとはいいますが、なかなかここまで仲良くなれない場合もあるようなので、とても嬉しかったです。
 再会の嬉しさで話が弾み、お店をはしごして飲みすぎてしまいました。

 そして今週末は以前お勤めしていた茨城県の薬局の仕事仲間との再会のでした。こちらは仕事が終わってから茨城県の下館市まで行きました。近くの居酒屋で深夜1時まで近況報告&昔話に華を咲かせました。
 翌日は笠間焼きの体験をしました。招き猫は左手をあげているものは人を呼ぶ、右手を挙げているものはお金を呼ぶといわれがあるようで、また再会できるように左手をあげてみました。
 以前、何年も住んで働いていた所に観光に行く感覚は少し変な面白いものでした。

 しばらく会っていませんでしたが、再会をすると、人は全然変わってなくておもしろかったです。家族構成がかわっても長く付き合っていきたいと思いました。



1469417366670.jpg

2016年7月19日 | | コメント(0)

もうすぐ8月、リオデジャネイロオリンピックが開催されます。
ブラジルでは初めての開催で開会式にどんな演出がされるのか楽しみですね。

日本との時差は12時間、ちょうど地球の反対側になるんですね。
そんな遠く離れた場所で行われる大会ですが、心配な話題もあります。
それは「ジカ熱」という病気です。

ジカ熱は「ジカウイルス」が原因の感染症です。日本では今年の2月5日に感染症法上の四類感染症に指定されたばかりの病気です。
ジカウイルスに感染したヒトが蚊に刺され、その蚊が別のヒトを刺すことで感染が広がっていきます。
症状は発熱、関節痛、発疹、結膜炎などで、健康な成人が死に至ることはほとんど無いといわれています。
心配なのは妊婦の方で、妊娠中にジカウイルスに感染すると、胎児に小頭症という病気がみられると報告がされています。

中南米などの流行地域に行かなくても、帰国した方から感染することが考えられます。
飛行機など高速な移動手段が発達した現在では、多くのヒトが短時間で世界中を移動できるようになりました。
同時に様々な感染症も世界中に広がる可能性が高くなってきたわけです。
まずは蚊に刺されないような対策をして、この夏を健康に過ごしていきましょう。


Fotolia_111088113_XS.jpg

2016年7月12日 | | コメント(0)

庭に置き去りになっている植木鉢に、突然、植物の芽が出てきました。何処からか、雑草の種が飛んできたんだな・・・
なんて考えて、そのまま放置していました。
 数日後、植木鉢を確認してみると、そこには、パセリが・・・そういえば、去年の春にパセリの苗を植えたっけ!!!
去年、苗を植えて、時々、摘まんで食べていましたが、いつの間にか、忘れていたパセリが、花を付け、種を落としたのでしょう。
植えた張本人の私は、まったく忘れていましたが、植物って凄いですね。水をあげていたわけでもないのに、ちゃんと今年も芽を出しました。
 今年も、気づいたら摘まんで食べていましたが、徐々に大きくなっていきます。そして、部分的に茎がニョキニョキと伸びていきます。遂には、どんどん伸びた茎の先に、小さな白い花が咲きました。
 おそらく、去年も同じ花が咲いていたのでしょう。でも私は気づかずに過ごしてしまいました。今、思えばもたいなかったです。
今年は、もう少し花とパセリの味を楽しみつつ、来年もまた、目を出してくれるといいなと思っています。



10073321560.jpg



2016年7月 5日 | | コメント(0)

先日、洋服を買いに行った時、レジで店員さんに、「ボーダーお好きですか?」と声をかけられました。そこではじめて買った服がすべてボーダーであることに気づきました。家に帰ってみると、洋服ダンスの中も洗濯して干してある服も笑ってしまうくらいボーダーだらけ。
みなさんも、気づいたら同じ柄の服ばかり選んでしまうということはないでしょうか?色彩心理学は聞いたことがあるけど、もしかしたら、柄にも何か意味があるのでは・・・。
少し調べてみると、色彩と違って柄は、学術的なものは見つからなかったのですが、心理テストのようなものはありました。それによると、チェック柄は、人を努力家に変えやすい柄、花柄は、美しく、かわいらしくなりたいという思いが現れる柄、ストライプやボーダーは、その人の長所や才能を伸ばす効果とありました。つい無意識に選んでしまう柄ではなく、自分がこうなりたいと思う柄を選ぶのもいいのではないでしょうか。
余談ですが、こういう説もありました。「ボーダーを着る女性はモテない」
ある人気占い師が、「これまで付き合ったことがないと相談に来る女性のほとんどがボーダー柄を着ている」という法則を見出したことがきっかけに流行った説だそうです。
つまり、私は才能や長所を伸ばそうとして前向きなんだけど、モテない人という事ですね。
まあ、その是非はともかくとして、患者様が身に着けている服の柄や色で心理状態や性格を読み取り、それによって、服薬指導の仕方を工夫するのも、面白いと思いました。



Fotolia_76997105_XS.jpg


2016年6月28日 | | コメント(0)

最近イボを取りました。
数年前から頭皮にイボがあり、徐々に大きくなってきているようで、髪の毛をブラシでとかす時にひっかかってしまうので、気になっていました。

そのイボは脂漏性角化症と言うものでした。
調べてみると、どうやら、中年以降に発生する加齢とともに増える皮膚の良性腫瘍で、皮膚の老化現象のひとつのようです。
別名は『老人性疣贅(ろうじんせいゆうぜい)、年寄りいぼ』だそうです。。。
少しショックな病名です。。。

脂漏性角化症は、顔、頭、全身とどこにでもでき、表面がザラザラとしたできものです。放っておくと少しずつ大きくなり、数も増えるので早めに取ってしまった方がいいようです。色も普通の皮膚の色から黒色まで色々のようです。
私の場合は皮膚と同じ色で、さらに頭皮だったのであまり目立ちませんでしたが、取ることにしました。
治療方法は様々で、液体窒素による凍結療法、レーザー、電気焼灼、外科手術による切除などがあるようです。
私の場合は液体窒素による凍結療法でした。
患部に液体窒素をあて、凍結させてかさぶたを作ります。1~2週間後にかさぶたが取れると、脂漏性角化症も自然に除去されているというものです。
頭皮なので、髪の毛を剃らないといけないのかと思っていましたが、その必要はありませんでした。麻酔はしないので、痛かったです。傷口に消毒液を押し付けられている感覚です。一回では除去できない大きさでしたので、数回繰り返さないといけません。まだ一回目が終わったところですが、だいぶ小さくなりました。
この治療法は、炎症による瘢痕が残る可能性があるようです。
頭皮とはいえ痕が残るのは嫌なので、日焼け止めをきちんと塗ったり、ビタミンCを多めに摂るようにしたりと、出来る限りのケアをしています。

次回の治療は憂鬱ですが、早くキレイになくなるよう、あと数回、耐えます・・・!
もっと早く取り除いていれば、一回ですんだかもしれません。
皆さんも、もし気になるイボ等ありましたら、早めに専門の先生に診てもらうことをお勧めします。


Fotolia_98149850_XS.jpg


<< 前へ page 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11

Categories

Tags
Monthly Archive
QR Code for Mobile and for iPhone
携帯サイト用QRコード   iPhone用ページ